『ダークナイト ライジング』の悲劇にアン・ハサウェイやクリスチャン・ベールもコメント

AOLニュース / 2012年7月23日 16時20分

Filed under: ゴシップ, ムービー, Anne Hathaway, Heath Ledger, Christian Bale

米コロラド州オーロラで『ダークナイト ライジング』公開初日に起きた銃乱射事件の報道が続き、クリストファー・ノーラン監督がコメントを発表する中、今度は同作でキャットウーマンを演じたアン・ハサウェイがこの悲劇についてコメントを発表した。

「この(犯人の)愚かな行動で命を奪われたり、人生を変えさせられてしまった人々の事を思うと、私の心は痛みで張り裂けそうです」「この悲しみを何と表現したらいいのかわかりません。犠牲になられた方々とご家族にお悔やみを申し上げます」

また、主人公のバットマンを演じたクリスチャン・ベールも「自分が感じた恐怖を何と説明したらいいのかわかりません。犠牲になられた方々や彼らを愛していた人々の痛みや悲しみを完全に理解することはできませんが、心よりお悔やみ申し上げます」と述べている。

今回の事件の犯人は、自分をバットマンの宿敵"ジョーカー"だと主張。シリーズ前作『ダークナイト』では故ヒース・レジャーが演じていた。ヒースの父親は「(今回の件で)ヒースやジョーカーを責めることはできません。何よりも悲劇の遺族や関係者のことを心配しています」と語っている。

アメリカの銃社会に再び衝撃を与えた今回の事件。これを受け、監督やキャストの来日も中止となった。

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング