とうとう大物カップルも! ブラッドとアンジー、盗聴事件の被害者リストに仲間入り

AOLニュース / 2012年7月25日 11時50分

Filed under: ゴシップ, ムービー, カップル, Angelina Jolie, Brad Pitt

ジュード・ロウ、シエナ・ミラー、ヒュー・グラントに続き、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーも英大衆紙『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』の盗聴被害にあっていたことが分かった。

<E!Online>によれば、168年の歴史がある英大衆紙を廃刊に追い込み、これまでに何十億ドルもの賠償金が支払われているこの大規模なハッキング事件の被害者リストに、ブラッドとアンジーの名前も入っていたという。

<BBC>のレポートでは、ロンドン時間火曜日の朝、捜査当局は8人の関係者について刑事責任を問うことを明らかにした。告訴される中には、ニューズ・インターナショナルの元CEOで『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』の編集長を務めていたレベッカ・ブルックス氏(Rebekah Brooks) 、そしてキャメロン英首相の元側近だったアンディ・クルソン氏(Andy Coulson)が含まれる。

英公訴局(CPS)は"合法的権限なしに通信を盗聴するため共謀した疑い"などを含め、2000年10月から2006年8月にかけての合計19件の告訴を予定している。600人以上の被害者の名前があげられ、その中には誘拐されて後に死体で見つかったティーンエイジャーの名前も含まれている。

ブラッドとアンジーの盗聴容疑に関しては、関係者のうち特に2人、部長記者だったネヴィル・サールベック氏(Neville Thurlbeck )と、編集補佐だったジェイムズ・ウェザラップ氏(James Weatherup)が"ボイスメールを盗聴するため共謀した疑い"に問われている。

ブルックス氏はこの事件に関して終始無実を主張しており、今回も声明を発表してこう述べた。「私はこれらの告発に関して無罪です。私の監督のもとで、盗聴を許可したり、それを認識していたという事実はありません。」「(検察側の)申し立てに対して、積極的に弁護する覚悟です。」

これまでに、かなりの数のセレブが多額の損害賠償金を支払われているこの事件。ジュード・ロウは去年、$205,000(約1,600万円)を受け取り、元カノのシエナ・ミラーは、$162,000(約1,270万円)を手にした。シャルロット・チャーチは破格の$950,000(約7,430万円)を支払われ、一番高額の域に入っている。

ボイスメールが盗聴されていたというブラッドとアンジー。今日の発表以前に知っていたかは不明だが、判明して気持ちのいいことではないだろう。2人にどういった損害賠償が行われるかは、まだ不明だ。

【関連記事】

AOLニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング