元祖ダンス恋愛映画『ダーティ・ダンシング』 25周年特集!キャストの今昔、とっておき裏話

AOLニュース / 2012年8月26日 7時0分

元祖ダンス恋愛映画『ダーティ・ダンシング』 25周年特集!キャストの今昔、とっておき裏話

何度見ても切なくなる80年代の名作、『ダーティ・ダンシング』。最後にベイビーとジョニーが踊るシーンは、「映画史上、最も鳥肌だつダンス・シーン」として知られている。見て憧れ、ダンスを習いたくなった人も多いのでは?1987年の公開から、今週でなんと25年。あの個性的なキャストは今どこに...?(驚きの相手と結婚した人も!)
今聞くとビックリだが、『ダーティ・ダンシング』は公開当時、新しいスタジオが無名の俳優を使って撮った低予算映画とみなされ、誰もヒットすると思っていなかったという。それが思わぬ大ヒット作品となり、2009年までに世界で2億1400万ドル(約170億円)以上を稼ぎ出し、ミュージカルにもなり、続編やリメイクが企画されている。(リー・ミシェルがリメイク版に出演するという噂がしばらくあったが、未だ確定はしていない。)

その大きな要因は、『ハイスクール・ミュージカル』で知られるケニー・オルテガによる振付もそうだが、やはり魅力的なキャストだろう。 『アウトサイダー』や『若き勇者たち』(原題:Red Dawn)で頭角を現したパトリック・スウェイジと、同じく『若き勇者たち』に出ていたジェニファー・グレイの相性によるところも大きい。実はこの2人、前作で共演した時は全くそりが合わず、再び共演するのを当初嫌がったという逸話がある。しかし実際にダンスのスクリーンテストをしてみたところ、その相性は明らかで、プロデューサーのリンダ・ゴットリーブは後に、「(テストで)2人が踊るのを見て、鳥肌が立った」と語った。

パトリック・スウェイジは3年ほど前に帰らぬ人となってしまったが、彼とジェニファーの忘れがたいパフォーマンスは、映画スクリーンとファンの記憶の中に生き続けている。

今もまだ続く人気(『ダーティ・ダンシング』のFacebookページには1,400万人のファンがいる)を考えると、この映画がもう少しで製作されることなくお蔵入りになるところだったとは信じにくいが、それも本当の話。実はエレノア・バーグスタインが脚本を書き上げた時点で、話を通していたMGMの幹部が辞めてしまい、MGMは手を引いてしまったのだ。その後ゴットリーブとバーグスタインはハリウッドのありとあらゆるところに脚本を持ちこみ、なんと43回(!)断られたという。

そしてようやく関心を示したのが、当時新しくできたばかりのベストロン映画だった。脚本に関心を持った理由は副社長が、子供時代に物語の舞台となるキャッツキル・リゾートで過ごしたことがあったから。そんな偶然がなければ、『ダーティ・ダンシング』は存在しなかったかもしれない。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング