猫耳(?)姿のエマ・ワトソンが語る、スタイリストを採用したもっともな理由

AOLニュース / 2012年9月5日 16時30分

『ハリポタ』時代の"かわいいハーマイオニー"から大人の女性へと変化を遂げたエマ・ワトソンが、『GLAMOUR』誌10月号の表紙を飾り、ファッションについて語った。

表紙や誌面では、豪華な"秋の色"に身を包んだエマ。さまざまなマテリアルを採用し、肌の露出も高めだ。まさかの猫耳(?)ルックにも挑戦したエマは、映画『ミーン・ガールズ』(2004年)に出てきた、着飾った女の子たちの人気グループ"プラスティックス"の一員のようでもある。

そんなエマ、最近になってやっとスタイリストと組むようになったという。これは"ファッションの失敗(Wardrobe Malfunction)"をなくし、"ワーストドレッサーのリスト"に入るのを防ぐためだとか。

「そうよ、今はスタイリストがいるの。以前はすべて自分でやっていたわ。だけど、コンバース(のスニーカー)では出られない場所にも行くようになったことで、助けが必要になったってわけ。(中略)いろんな角度から写真を撮られるから、見た目だけでなく、(その服を着て)座れるかなども気にしなくてはならなくなったのよ」。

もしかしたらエマは、背中のテープが見えてしまったことや、胸の"細工"が発覚したことを意識しているのかもしれない。または下着が見えてしまったことなども。いずれにせよ、今後はスタイリストの助けもあり、このような失敗はなくなるだろう。


【関連記事】

AOLニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング