10月11日のカミングアウト・デイに寄せて...LGBTであると告白したセレブたち

AOLニュース / 2012年10月20日 16時15分

1988年10月11日に米国でスタートしたナショナル・カミングアウト・デイが、今年で24回目を迎えた。この日はLGBT、つまり、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々が自分たちの存在を訴え、カミングアウトできない人達を励まし、コミュニティー内のディスカッションを盛んにすることを目的として生まれた。


そして彼らのような存在を世間に知らせるのに、大きな役割を果たすのがセレブ。だが、自分がそうであることを認めることは、自身のキャリアが終わってしまう可能性があるため、ハリウッドでは今でも自分の性的指向について明らかにしていないセレブが多かった。しかし、近年はゲイであることを公言するセレブが増え、LGBTに対する理解が徐々に広まってきていることから、世間の認識は変わりつつある。

以下は、LGBTであることをカミングアウトしたセレブの一部と公表した年。

ミーカ(2012年)
自分の性的指向に関して長年沈黙を守ってきたシンガーソングライター、ミーカ。彼は今年9月、『Instinct>誌』のインタビューで初めて自分がゲイであることを告白した。

「ゲイかと聞かれたら、イエスと答えるね。僕の曲は全部男性との関係を書いたものかって? それもイエスさ。そして音楽には、言葉を超えて僕の性的指向を受け入れる強さがあることに気が付いたんだ。これが僕の本当の人生なのさ」

ミーカ「Grace Kelly(Extended Version)」

アンバー・ハード(2010年)
映画『ラム・ダイアリー』で話題を集めた女優のアンバーは、GLAAD(The Gay & Lesbian Alliance Against Defamation 、LGBTの人々の支援団体)の25周年を祝うパーティーで、「何かを否定したり、何かを隠したりしていることは、どこかで自分が間違っていると認めていることと同じだと思っているの。私は自分が間違っているとは思わないわ」と発言している。

GLAADの25周年を祝うパーティーに登場したアンバー(00:30頃に登場)
<関連動画はこちら>

ザカリー・クイント(2011年)
人気TVドラマ『HEROES』に出演し、最近では映画『スター・トレック』への出演でも知られるザカリー。彼は長年ゲイではないかと言われていたのだが、2011年に『New York』誌で以下のようにコメントしている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング