『フォーブス』誌の「亡くなったセレブの長者番付」、果たして1位になったのは?

AOLニュース / 2012年10月27日 16時30分

大金を手にするのは、誰もが望むこと。


だがそれが現実になるのは一握りの人々だけだ。それ以外の人たち(我々!)は裕福な彼らをうらやましいと思いながらも、もう少し現実的なところで妥協するしかない。

中にはさらに、死後も大金を稼ぎ出す人たちがいる。以下は米経済専門誌『フォーブス』が発表した、"亡くなったセレブの長者番付"リストだ。

1.エリザベス・テイラー 2億4,500万ドル(約196億円)
  女優 2位のマイケルとも親しかったエリザベス。彼女が所有していた美術品やジュエリーのオークションでの落札金額だけで1億8,400万ドル(約147億3,000万円)にもなったとか

2.マイケル・ジャクソン 1億4,500万ドル(約116億円)
  エンターテイナー 衝撃の死から3年が過ぎた今も、その存在感は衰えない

3.エルヴィス・プレスリー 5,500万ドル(約44億円)
  自宅のグレースランドはアメリカの個人宅で3番目に多い訪問者を記録している。

4.チャールズ・M・シュルツ 3,700万ドル(約29億6,000万円)
  漫画家 『ピーナッツ』の作者としてあまりにも有名

5.ボブ・マーリー 1,700万ドル(約13億6,000万円)
  歌手、ソングライター レゲエの神様は生前よりも稼いでいるとか

6.ジョン・レノン 1,200万ドル(約9億6,000万円)
  歌手、ソングライター 40歳で暗殺された


7.アルバート・アインシュタイン 1,000万ドル(約8億円)
  物理学者、現在の主な収入源は肖像権

7.マリリン・モンロー 1,000万ドル(約8億円)
  36歳で亡くなったが、今でもハリウッドを代表するセクシー女優の1人

9.セオドア・スース・ガイセル 900万ドル(約7億2,000万円)
  "ドクター・スース"のペンネームで知られる米作家。絵本を多く手がけた

10.スティーブ・マックイーン 800万ドル(約6億4,000万円)
   俳優、50歳の若さで亡くなったが、『荒野の七人』『大脱走』など数々の名作を残した

10.ベティ・ペイジ 800万ドル(約6億4,000万円)
   ピンナップ・モデル 2005年にはその半生を描いた映画『ベティ・ペイジ』が公開された

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング