有名セレブを大量投入し「最後のお願い」をするオバマ大統領

AOLニュース / 2012年11月6日 16時20分

ついに11月6日の投票日を迎えるアメリカ大統領選挙。現職のバラク・オバマ大統領(民主党)には、ハリウッドのスターやミュージシャン、そしてアスリートら多数のセレブ支持者がいる。


<The Hollywood Reporter>はオバマ再選に協力するセレブのリストを発表。以下はAP通信によるオバマ大統領を支持する大物の一部だ。

アイス・キューブ、ジェイ・Z 、レディー・ガガ、ジョン・レジェンド、ジョン・メレンキャンプ

ジェイソン・ムラーズ、マヤ・アンジェロウ、クリス・ロック、ジョン・ハム、マギー・ギレンホール

シャネル・イマン、ケイティ・ペリー、ブルース・スプリングスティーン、シェリル・クロウ

また、AP通信のジム・クーンヘン(Jim Kuhnenn)記者は、選挙戦におけるセレブの最新の動向を紹介している(以下はその一部)。

ビル・クリントン元大統領と歌手のブルース・スプリングスティーンの力を借り、自身の"最後のお願い"を有権者に届けているオバマ大統領。大統領にはさらに、レディー・ガガやビリー・ジーン・キング、ジェイ・Zらの強力な助っ人もいる。

先週土曜日には、スティーヴィー・ワンダーがオハイオ州クリーブランドで期日前投票に並ぶ人々に向け、サプライズ・コンサートを展開した。またミュージシャンのジョン・レジェンドや俳優のローレンス・フィッシュバーン、そしてジョージア州選出の下院議員で公民権運動のヒーローでもあるジョン・ルイスも同州に赴き、地元の教会と共に投票に行くよう呼びかけた。

さらにサミュエル・L・ジャクソンやアン・ハサウェイ、スカーレット・ヨハンソンは全米のラジオ局に出演。サミュエルとコメディアンのクリス・ロックは主にアフリカ系アメリカ人のラジオ聴衆者に向け、火曜日(11月6日)には投票に行くよう求めた。
ついに6日(日本時間では同日夜)に幕を開ける投票。次のアメリカのリーダーが誰になるのかは、国民1人1人に委ねられている。

セレブとタッグを組んだオバマ大統領の選挙戦

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング