キーラ・ナイトレイ、「私の胸をお直しするなら、綺麗にして!」

AOLニュース / 2012年11月21日 16時0分

キーラ・ナイトレイ、「私の胸をお直しするなら、綺麗にして!」

キーラ・ナイトレイは女優としての豊かな才能、そしてコルセットが似合うドラマテチックな時代劇への出演で知られているが、『Allure』12月号では自分の胸について語っている。


映画の中で脱ぐことについてキーラは、「私はどこを見せるかについては結構厳しいのよ。下半身は見せられないわ! でも私の胸は小さいし、別に見せても構わないの。みんな私の胸なんてどうでもいいはずだから!」とコメント。だが、自身の胸が小さいために画像では修正が入る場合もあることを認めている。

「いつも修正されちゃうのよ。垂れた感じにされた時は怒ったわ。映画『キング・アーサー』(2004年)の時はすごく胸が垂れた感じのポスターを作られちゃったの。修正を入れるなら綺麗な胸(ツンと上を向いたような胸)にして欲しいって思ったわ」と、キーラ。

ええ、当時のことは我々もよく覚えていますとも。なお、同誌ではトップレスのセミヌードを披露しているが、表紙の写真は乳首がフォトショップの修正で消されているようにも見える(こんな風に)。修正は常に適切な形で行なってもらいたいものだ。

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング