スパイク・リー、タランティーノ監督の新作『ジャンゴ』を「失礼だ」と批判

AOLニュース / 2012年12月26日 16時30分

多くの批評家から称賛されている、クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』。だが映画監督のスパイク・リーは、同作での奴隷制の描かれ方を非難している。


スパイクはVIBETVとのインタビューで、「『ジャンゴ...』については何も言えない。なぜなら、見るつもりがないからさ」とコメント。「僕の先祖にとって失礼にあたる、としか言えないね。あくまでも僕の意見さ。他の人たちの代表として話してるんじゃないよ」彼はまた、ツイッターでも作品に対して批判的なコメントを出している。

「アメリカの奴隷制はセルジオ・レオーネ(※)のスパゲティ・ウエスタン(イタリア製の西部劇)とは違うんだ。ホロコースト(大量虐殺)だったんだよ。僕の先祖は奴隷だった。アフリカから無理やり連れてこられたのさ。僕は彼らに敬意を抱いている」スパイク・リー@SpikeLee
※『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』などで知られる、イタリアの映画監督。


『ジャンゴ 繋がれざる者』はレオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソンらが出演。ジェイミー・フォックス演じる元奴隷ジャンゴがバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ、演じるのはヴァルツ)とタッグを組み、悪徳奴隷商人(ディカプリオ)に捕らわれたジャンゴの妻(ワシントン)を救い出そうと戦う物語だ。アメリカでは12月25日に封切られ、日本では2013年3月1日(金)より全国公開される。

関連映像

【関連記事】

AOLニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング