蔵出し! ハリウッドの子役の貴重な映像集

AOLニュース / 2013年1月27日 8時0分

先日の第70回ゴールデン・グローブ賞授賞式での長く印象的なスピーチ(同性愛をカミングアウトした)の中で、まだ幼いうちから世間の注目を浴びて働くのがどれほど大変であるかを語ったジョディ・フォスター。



彼女いわく、「私は3歳のときから、自分のすべてを(世間に)発表してきました」のだとか。

古くはシャーリー・テンプルから最近ではメアリー=ケイト&アシュレイのオルセン姉妹まで、子役出身の人気ハリウッドスターたちは、ベビー用のコップをうまく使えるようになるよりも前から、せりふの練習を始めていたのだ。

そこで<Fabloid>では、4歳になるまでに演技を始めた子役出身スターたちの懐かしい記録を集めてみた。メアリー=ケイト・オルセン&アシュレイ・オルセン(26歳)
「you got it dude(日本語訳:オーケー、ベイビー)」というお決まりのせりふと共に、双子のメアリー=ケイト&アシュレイのオルセン姉妹は演技の道へ。姉妹が人気ドラマ『フルハウス』のミシェル・タナー役を2人1役で演じはじめたのは、2人がまだ生後6か月のときだとか。

2人は、『フルハウス』が1995年に終わるまでミシェル役を演じ、その後は自分たちのプロダクション会社やファッションブランドを立ち上げている。

幼い頃のオルセン姉妹
<関連動画はこちら>

シャーリー・テンプル(84歳)
AFI(アメリカン・フィルム・インスティテュート)が選ぶ最も偉大な女優ランキングで18位に選ばれたシャーリー・テンプルは、子役スターとして有名な1人だろう。彼女は1932年、3歳のときに女優としてのキャリアをスタートし、1934年の映画『輝く瞳』でブレイクした。

シャーリーの出演映像
<関連動画はこちら>

ジョディ・フォスター(50歳)
3歳のときから複数のCMに出演していたジョディ。これには彼女が出演したことで有名な日焼け止め"コパトーン・サンブロック"のCMも含まれている。ジョディはそれからというもの、ハリウッドで最も高いギャラが支払われる女優の1人として活躍をし続けている。

ジョディが出演したコパトーンのCM
<関連動画はこちら>

ドリュー・バリモア(37歳)
ドリューは1歳になるよりも前に、ドッグフード『Puppy Choice』のCMでデビュー。彼女は1982年、7歳の時に映画『E.T.』のガーティ役でブレイクした。

ドリューが出演したCM
<関連動画はこちら>

関連映像

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング