メドヴェージェフ首相絶賛!おそロシア軍全面協力の戦争映画上陸 本物の戦争兵器が大暴れ

AOLニュース / 2013年4月23日 16時15分

メドヴェージェフ首相絶賛!おそロシア軍全面協力の戦争映画上陸 本物の戦争兵器が大暴れ

2008年8月8日、南オセチアで勃発した、ロシア・グルジア紛争を題材にしながら、巨大ロボット戦争も描くという前人未到の映像革命で、本国で話題騒然となり、メドヴェージェフ首相も賛辞を贈った作品『オーガストウォーズ』が夏に日本上陸する。


ロシア軍全面協力の下、本物の軍兵器・銃器が雲霞の如く登場、さらにハリウッド映画『ウォンテッド』に参加したチームがVFXを担当、ロシア映画史上前例のない圧倒的迫力のロボット・バトルを実現した。1年の製作期間を費やし彼らがクリエイトした戦闘ロボットたちは、『トランスフォーマー』シリーズや『パシフィック・リム』、そして日本のロボットアニメとは一味もふた味も違う斬新かつ独特なデザインである。

そんな戦闘ロボットたちが現れるバトル・シーンではロシア軍が全面協力。スホーイ25戦闘機、ソビエト連邦時代に開発された戦車T-72、Mi-24ハインド攻撃ヘリコプターなどのミリタリー・マニアにはたまらないロシア軍兵器が雲霞の如く登場。さらにド迫力の銃撃戦でもAK-74M、PK機関銃、ドラグノフ狙撃銃などのロシア製銃器が大暴れ!ハリウッド映画では堪能することのできない物量作戦により、本物の迫力に満ち溢れた戦争映画のパワーを叩きつけてくれる。
『オーガストウォーズ』は8月10日(土)渋谷TOEIほか全国順次ロードショー

www.augustwars.jp 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング