寝ているだけで肩こりを和らげる魔法の枕とは?

AOLニュース / 2013年4月25日 18時45分

長時間のデスクワークで肩や首のコリがひどいサラリーマンやOLは多いはず。岩盤のように固まったコリは、思わず自慢したくなるほど。ひどいときは頭痛までしてくる。そんな努力の証(?)のコリを寝ている間に回復してくれる逸品があった!

それが日本回復整体総合学院学院長・小森秀信氏が開発した「快福枕」で、通常の枕とは少し仕組みが違っている。ポイントは、枕に頭を乗せるのではなく、床部と首の間に挟み込むところだ。


そもそも人の背骨は本来、生理湾曲と呼ばれるS字型をしている。しかし、姿勢が悪い人は背中が丸まり、半円状になってしまっていることが多い。すると頭の重みで頸椎や背骨を圧迫してしまい、肩や首のコリを生み出すことになる。

一方、かまぼこ型になった快福枕の場合、首の下に挟み込むことで後頭部を床から浮かせてくれる。頭部の重み自体が首を後ろに引っ張るので、圧迫された頸椎の椎間板を広げ、肩や首のコリをすっきり和らげてくれるのだ。

すでに多くの整体院などでも使用され、評判も上々だとか。HPでは快福枕を利用したストレッチ法も紹介されているので、一度参考にしてみよう。

唯一の難点は、枕のかたちが少々特殊なので、うまく寝つけないケースもあること。また、肩こりがヒドくてそもそも眠れないなんて人は、枕をあれこれ変える前に急いで病院に駆け込んだほうが良いともアドバイスしておこう。

参考リンク
快福枕
http://item.rakuten.co.jp/agoashi/1079964/ 


AOLニュース

トピックスRSS

ランキング