『L.A. ギャング ストーリー』辰兄vs松方の仁義なきバトルの勝者は?

AOLニュース / 2013年5月9日 18時25分

『L.A. ギャング ストーリー』辰兄vs松方の仁義なきバトルの勝者は?

3日(金)の公開後、「西部警察」や『アンタッチャブル』(87)で育ったオヤジたちの愛を受け、なみいる強豪作を押しのけて映画館で幅を利かしている『L.A. ギャング ストーリー』。9日(木)朝、某日本テレビの朝の情報番組では関根麻里やZIPガールズが「ギャングスター・スクワッド!」(※原題)と連呼し取り上げるなど日本中の関心の的になっている『L.A. ギャング ストーリー』だが、このほど本作のWEB限定特別映像で共演した梅宮辰夫と松方弘樹に、感謝を込めて"認定証"が授与された。

その"認定証"とは、実在した神ギャング、ミッキー・コーエンと、その帝国を殲滅する任務を負った警察最強部隊の頭、ジョン・オマラ役をWEB限定特別映像内で交互に演じ分けた梅宮と松方を、各々日本版ミッキー・コーエン、日本版ジョン・オマラとして認定したもの。梅宮がオマラを、松方がコーエンを演じているバージョンの再生回数が196,681回、その逆パターンでは196,527回と、僅差で松方がコーエンを演じているバージョンが再生回数を上回る結果に。合計再生回数は393,208回(4月12日~5月6日調べ)だって!
配給元のワーナー・ブラザース映画の"認定証"を受け取った松方は、「アカデミー賞を2度も受賞している、ショーン・ペンの役を吹き替えるということで大変興奮しました!声優という不慣れな挑戦でしたが、こんなに多くの方に見ていただいて、本当にうれしく思います。辰兄より私の方が真面目だと思うのですが、今回は謹んでこの認定証をお受けさせて頂きます(笑)」と感激を吐露。一方の梅宮も、「声だけの演技は初めてだったので、すごく難しかったんですが、やっぱり俺は正義の役のほうが似合うのかな(笑)。みなさんに楽しんでもらえたならうれしいです」と満足気に受領した。迫力のツーショットどうぞ。

この大御所対決、松方がギャング王になったことで、L.A.版"仁義なき戦い"はピリオドを迎えたが、映画館ではロス市警対組織暴力の抗争は終わっちゃいねえ! 終戦直後のロスを舞台にした血で血を洗う警察とギャングの戦争は、正義を愛する男の本能を呼び覚ます痛快犯罪活劇!背筋がゾクゾクするような本物の男たちの死闘を今週末、味わえ!



映画『L.A. ギャング ストーリー』は、大ヒット上映中!

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング