独自の美を追求するシンガー、Ray Yamadaがワンマンライブを開催

AOLニュース / 2013年5月14日 18時49分

独自の美を追求するシンガー、Ray Yamadaがワンマンライブを開催

月にアルバム『COSMOPOLITAN』をリリースした女性シンガー・ソングライターRay Yamadaが、初のワンマンライブ「MOSC」を渋谷duo MUSIC EXCHANGEで5月31日(金)に開催することを発表した。

クラシック歌手の母を持ち、14歳からシンガーとしての活動を開始したRay Yamadaは、R&B/Jazz/Popsをはじめ、ラテンや日本歌謡などにも精通し、ワールドワイドな表現力で人々を魅了している今話題のシンガーだ。

『COSMOPOLITAN』は、そんな彼女の視点を「世界人(COSMOPOLITAN)」と捉え、各楽曲に「命」「神」「恋」「愛」「楽」「望」「悼」というテーマを掲げ、プロデュースした作品。あらゆる生命、森林、大地、風などの"地球の息吹"を感じさせる歌詞とメロディーとともに、弦楽四重奏が見事に織り成された代表曲「森のワルツ」、一発録りでレコーディングによって、卓越したバンドとのグルーヴ感が感じられるSADE「SMOOTH OPERATOR」のカバーなどが収録されている。この作品を通して、彼女独自の世界観が徐々に業界内で話題となり、新人にも関わらず現在全国のラジオ局でパワープレイやタイアップを獲得している。


今回そんなRay Yamadaが行う、リリース後初のワンマンライブ「MOSC」は、アルバムのタイトル通り、各国を旅するイメージで作られた2部構成のもの。伊原anikki広志(Gt.)・ 高尾俊行(Dr.)・ 池田憲一a.k.a.ROOT SOUL(Ba.)・杉直樹(Key.)・浦宏徳(Sax.)という実力派ミュージシャンばかりのバンドメンバーに加え、さらにゲストとしてチェリスト溝口肇 (Vc.)を招いた同ライブは、他では観られないスペシャルなステージになりそうだ。Ray Yamada独自の世界観が、そして彼女がJ-POPの枠を超えた唯一無二のアーティストであることが、『COSMOPOLITAN』とこのワンマンライブを通してきっと伝わるだろう。

なお、同アルバム収録曲「命(さくら)の頃」に関連した期間限定の特別企画が実施されており、"あなたの大切な命の頃を感じる写真"をオフィシャル・サイトと<YouTube>で募集中。応募された写真が「命(さくら)の頃」のミュージックビデオの1コマとして使用されるというユニークな企画が行なわれている。

また、今年ブランド創立41年を迎えるファッション・ブランド「Y's(ワイズ)」が、フォトグラファー桐島ローランド氏と、41周年にちなんで41人の働く女性たちを撮影し、伊勢丹新宿店のスペシャル企画を発信するエリア「イーストパーク」や「Y's」のサイトなどで写真を展示するというアート・プロジェクト「Women on the Move」を実施するが、この41人の中にRay Yamadaも参加することが決定。彼女の写真が大きなパネルにて展示される予定で、ファッション業界においても今後話題を集めることになるかもしれない。

多方面から期待が高まりつつあるRay Yamadaの今後に期待したい。

<関連リンク>
Ray Yamada オフィシャル・サイト
http://www.msrecord.co.jp/mse/ray/

「森のワルツ」MV(YouTube)
http://youtu.be/F70MjedyeaM

「Smooth Operator」MV(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=rE8W6S2ewhI

「命(さくら)の頃-未完成-」期間限定の特別企画

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング