【動画】ダフト・パンク「Get Lucky」のマッシュアップがスゴい ビリー・ジーン、美女アコギ・・

AOLニュース / 2013年6月19日 12時47分

【動画】ダフト・パンク「Get Lucky」のマッシュアップがスゴい ビリー・ジーン、美女アコギ・・


8年ぶりとなるニュー・アルバム『Random Access Memories』を発売、Pharrell WilliamsとNile Rodgersをフィーチャーした収録曲「Get Lucky」がバカ受けし、アルバムも今年2番目となるビッグセールスを記録しているフランスのエレクトロデュオ、Daft Punk。そんな彼らの「Get Lucky」のリミックスやカバー、マッシュアップ曲がネット上に多数アップされ話題を呼んでいる。


まず「Get Lucky」を未聴のかたはこちらで予習を。
<関連動画はこちら>

この元曲を踏まえたうえで、フランスのPV NOVA氏が手がけた面白すぎるカバーを聴いていただこう。なんと、「Get Lucky」を1920年~2020年(!?)の各年代ヴァージョンでカバーしたメドレー音源だ!

「Evolution of Get Lucky」
<関連動画はこちら>

1920~30年代のジャジーなカバーにはじまり、ロックでサイケでファンクな50年代~70年代へと移行。80年代はレトロ・フューチャーなイタロ・ディスコ調で懐かしさ全開、90年代はダサさが格別(笑)。そこから2000年代以降はブリブリなフレンチ・エレクトロ調があったりと耳にも新しいが、2020年は未来のアレンジを予見しているのか、それともテキトーなのか...。ともあれ目の付けどころの新鮮さゆえ、再生回数は150万に届かんばかりの勢いだ。

そして人気曲の宿命か、この他にも多数の関連動画が世界中で量産されている模様。まず、あのマイケル・ジャクソンの名曲「ビリー・ジーン」とのマッシュアップ! 80sディスコ感あふれる「Get Lucky」は当然ながらマイケルとの相性も抜群である。

<関連動画はこちら>

他にも、美女にアコギ弾き語りでカバーされたり
<関連動画はこちら>

さらにはレゲエ調のカバーまで!
<関連動画はこちら>

うーんジャンルレス...! さて、名曲ゆえのカバー合戦といえば記憶に新しいところだと、グラミーで3冠を達成したゴティエの「サムバディ・ザット・アイ・ ユースト・トゥ・ノウ ~失恋サムバディ(feat.キンブラ)」あたりか。...ということは、今年は「Get Lucky」が賞レースを賑やかすこと間違いなし!?

【参照リンク】
・Daft Punk「Get Lucky」のリミックス、カバー、Mash Upが秀逸

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング