怖すぎる・・・ ソーシャル・メディアが引き起こした殺人事件簿まとめ

AOLニュース / 2013年7月20日 13時40分

怖すぎる・・・ ソーシャル・メディアが引き起こした殺人事件簿まとめ


FacebookやTwitterなどソーシャル・メディアの普及によって変りつつある人間関係のあり方。コミュニケーションツールとして便利な面もあるが、トラブルの温床になっている現実は海外でも一緒だ。


米ランキング・サイト<Ranker>では、そんなソーシャル・メディアが引き起こした信じられない殺人事件をリストアップ。もしかしたら、こういった事件は今後もっと増えるのかもしれない...。

・プロフィールを既婚からシングルに変えた妻を、激怒した夫が殺害
離婚寸前だったリチャードソン夫妻。実家に戻るつもりだった26歳の若妻サラは関係をハッキリさせようとFaceBookのプロフィールを独身に戻したが、夫リチャードはこれに激怒。眠っている彼女を刺し殺した後、自殺。

・20歳の猟奇的ラッパーによる、リリックどおりのリアルな連続殺人
バージニア州の田舎町、ファームヴィルに住むリチャード・マクロスキー(20歳)はMyspaceに自身のラップを投稿。その内容は殺人の様子をリアルに描いたもので、「暗がりに足を踏み入れたら最後/俺の所にまで引きずり込んで/ずたずたに切り刻んでやる/最後の息を聞くとゾクゾクするぜ/YO 俺のダークサイドへようこそ」など、他にもかなり猟奇的な生々しい描写が続く。その後、町に4人の行方不明者が出たのだが、なんと全てリチャードが殺害/遺棄していた...。

・ゴスなエモ少年、父親にキレてショットガンで...。
15歳の孤独なエモ少年、ヒュースタン・シュリッカーはMyspaceだけが心の拠りどころ。毎日ゴス仲間とポエムなどを投稿しあっていたのだが、「自殺したい」と投稿したのを見た父親にMyspaceを禁止されてしまった。哀しみと怒りに駆られた彼は、父親の後頭部をショットガンで打ち抜いて殺害。本人も自殺しようとしたがゴス仲間たちの必死のアドバイスで自首するに留まった。

・女の争いが生んだ最悪の事故
Facebookで1人の男性を取り合っていたトリー(23歳)とアレーシャ(21歳)が、マクドナルドで蜂合わせてしまった。怒り狂うトリーはアレーシャを車で追い回し、派手なカーチェイスを展開。そして逃げ惑うアレーシャの車が、無関係の通行人を撥ねて死亡させてしまうのだった...。

・「ひさしぶり!」元カレの罠
22歳のサラ・エルストンは、元カレがFacebookでコンタクトしてきたことを喜んだ。ともかく彼女は彼のもとへとドキドキで出かけたわけだが...。なんと、彼の目的は彼女を殺すことだった。大きな物音がしたが、騒ぎがしょっちゅう起こる地域ゆえか近隣住民は特に気に留めず通報しなかったらしい。

photo:『ソーシャル・ネットワーク』DVD・ブルーレイ発売中

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング