大胆な濡れ場に挑戦した日南響子ちゃんに直撃 「自由奔放なタイプなので・・・」

AOLニュース / 2013年7月19日 17時5分

大胆な濡れ場に挑戦した日南響子ちゃんに直撃 「自由奔放なタイプなので・・・」


モデル、歌手、女優と活躍中の日南響子クンが大胆な濡れ場に挑戦した、スキャンダラスな時代劇『桜姫』が超絶公開中! 愛する男を追い、遊女にまで身を落とすヒロインの桜姫を演じた日南クン! 「同世代の女子に観てほしいです!」と同性のファンへ推奨した!


幕末の歌舞伎狂言作者・四世鶴屋南北の演目「桜姫東文章」に大胆なアレンジを加え、現代風にしたエンターテインメント! 日南クン演じる桜姫は元来、良家の娘だったが、盗人の権助(青木崇高)に襲われ、女の性が覚醒! 遊郭"ぢごくや"の遊女として権助との再会を待ちわびるという激動の運命を辿るが、「女性は芯が強い。もっともっと強いと思いました。時代劇といっても現代風にアレンジされていて観やすいと思うので、同世代の女性の人に観てほしいです!」と同性には共感ポイントが満載だとか!

はたして桜姫のように恋に身を捧げる人生は、女性にとって一番の幸せだろうか? という素朴な男子ギモン。「考え方でしょうか(笑)」と肯定も否定もしない日南クンだが、「実際に演じてみて、印象がガラッと変わりました」とも。「脚本上ではとてもかわいそうな子にしか見えなかったけれど、実は芯がありますよね。現場に入って演じ方も変わって、ただかわいそうな子じゃなくて、その内面には強い意志があるという意識を心がけましたね」。

ちなみに桜姫モード、遊女モード、どっちのタイプかといえば、「自由奔放なので、遊女モードに近い(笑)」という日南クン! 「でも、前半の桜姫も何を考えているか分からない側面があって、物事に突進して行くので、そういう意味では全部似ているかもです(笑)」。

映画『桜姫』は絶賛公開中

【参照リンク】
・映画『桜姫』公式サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング