『パシフィック・リム』男の夢を叶えたガチヲタ、ギレルモ・デル・トロ監督が熱く語る!

AOLニュース / 2013年8月9日 9時0分

『パシフィック・リム』男の夢を叶えたガチヲタ、ギレルモ・デル・トロ監督が熱く語る!


人型巨大兵器"イェーガー"と凶暴な"KAIJU"が空前絶後の巨大対決を繰り広げる、ギレルモ・デル・トロ監督最新作『パシフィック・リム』が8月9日、ついに日本上陸!自らを"怪獣オタク"と称するファンタジー映画の鬼才、デル・トロ監督が子供の頃からの夢を詰めまくったこの映画。サイズから迫力までとにかく全てが桁外れでモノ凄いのだが、公開を前に監督自ら来日!インタビューでは門外不出の製作ノートを見せてくれたり(写真あり)、秘話満載の熱い取材となった。


「この作品での僕は監督というよりデザイン部所属だったと言えるかも」と語りだしたデル・トロ監督。人類を守るイェーガー、敵であるKAIJU共に、見た目、得意技などいっこいっこキャラも個性的なのだが、ことイェーガーに関してはデザインや特徴を決めるのに1年かかったというから凄い。

「イェーガーのデザインに関しては僕と8人のデザイナーで、まずは100体のイェーガーのシルエットを作るところから始めたんだ。そこから毎週毎週『これとこれをキープしよう』って『アメリカン・アイドル』(米人気オーディション番組)並に候補を絞っていった。10体くらいまで絞られた段階で、僕が8人の中で最も気に入っているデザイナーに託して、そこから彼がディテールを作り、それを他のデザイナーにまわして、『これはもっとこうやってロシアっぽくしよう』とか細かいところを詰めていったんだよ」。

こう話しながら監督が取り出したのは、常に持ち歩いているというアイデアノート!これまで監督が書き溜めてきたデザイン画や思いつきがびっしり書き込まれている。貴重なノートを予想外にも拝めてしまって、取材陣も思わず感嘆の声。

これがそのアイデアノート↓

惜しげもなくペラペラ見せてくれたデル・トロ監督

突如太平洋の海底から出現した巨大かつ凶暴なKAIJU。次々と大都市を破壊する"ヤツら"の容赦ない侵略を前に、人類が団結し全世界の英知を集結させ最終兵器として作り出したのが巨大人型兵器イェーガーだった。

映画はこのイェーガー対KAIJUの迫力あふれる戦いを軸に、イェーガーを操縦するパイロットたちの人間ドラマを織り交ぜいやおうなしに進んでいくのだが、面白いのが1台のイェーガーを2人のパイロットが操縦するという点だ。イェーガー頭部に組み込まれたコックピット(ヘッドポッド)でパイロットたちはそれぞれの脳をイェーガーの脳とつなぐだけでなく、心は相手のパイロットに接続(ドリフト)し"一体化"しなければならない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング