『ソウ』ジェームズ・ワン監督が発掘した戦慄の実話 『死霊館』恐怖の予告編が解禁!

AOLニュース / 2013年8月14日 12時5分

『ソウ』ジェームズ・ワン監督が発掘した戦慄の実話 『死霊館』恐怖の予告編が解禁!


『ソウ』シリーズや『インシディアス』(11)で世界中を震撼させた若き鬼才ジェームズ・ワン。彼が発掘した恐るべき実話をもとに描く監督最新作『死霊館』から、恐怖の予告編&ポスタービジュアルが解禁となった!


こちらがそのポスター画像↓

心霊学者として著名なウォーレン夫妻。数多くの怪奇現象を解決した彼らが、あまりにも邪悪すぎるために極秘にしてきたひとつの事件とは--?

解禁となったポスタービジュアルには、何もない暗い部屋で揺り椅子に座る女性の背中と、その膝に置かれた人形があるのみ。じっとこっちを見ている人形の顔がとにかく怖い。この構図はいったい何を表しているのか。

さらに予告編は、親子でかくれんぼに興じる幸せそうなシーンから始まるのだが、既にどこか不穏な雰囲気むんむん。視覚から始まり聴覚も震えあがる恐怖が、母親役のリリ・テイラーだけでなく、観る者の肉体と精神を犯していく!

<関連動画はこちら>
7月19日に全米公開された本作は、R指定映画として異例中の異例である興行収入1億ドルを突破!しかも、これまで公開されてきた全ホラー映画の中で歴代7位という快挙。出演は、ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リビングストンという実力派揃い。

1971年、アメリカ・ロードアイランド州にある古ぼけた一軒家にある一家が越してくる。辺りには何もないが、中は館のように広く、家族にとっては夢のマイホームだ。しかし、その館で次々と奇妙な出来事が起こり始める。遂に娘たちに危害が及び始め、一家から助けを求められた心霊学者のウォーレン夫妻。夫妻が周辺の土地を調べると、そこには耳を疑う血と闇の歴史があった-。

『死霊館』は10月11日(金)全国ロードショー

【参照リンク】
・『死霊館』公式サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング