『半沢直樹』大ヒットでノリに乗る堺雅人 「リーガル・ハイ」にも期待高まる

AOLニュース / 2013年8月19日 12時1分

『半沢直樹』大ヒットでノリに乗る堺雅人 「リーガル・ハイ」にも期待高まる


8月11日に放送された第5話が平均視聴率29.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、これから始まる後半戦のさらなる大ヒットが予想されるドラマ『半沢直樹』(TBS)。主演の堺雅人は、現在"ノリに乗ってる"という言葉が最も当てはまる男だろう。


そんな堺は、『半沢直樹』が終了した後の10月期から、フジテレビで放送される『リーガル・ハイ』の第2シリーズに出演することが決まっている。2012年4月から6月にかけて第1シリーズが放送されたこの『リーガル・ハイ』は、堺が演じる主人公・古美門研介の強烈なキャラクターが印象的なコメディ作品。視聴率こそ『半沢直樹』のような大ヒットと言える数字にはならなかったものの、ドラマとしての評価は非常に高く、「ギャラクシー賞」、「第73回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」(監督賞・脚本賞)など数々の賞を受賞してきた。

第2シリーズ放送が発表された際、それだけでネット上にはユーザーからの期待の声が多数あげられたが、『半沢直樹』の大ヒットを受け、その期待はさらに高まっているようだ。ツイッターには、以下のような声が多数見られる。

「10月からリーガルハイ2が始まるのか 堺さん絶好調だね、めっちゃ楽しみだょん」
「半沢直樹とリーガルハイを交互に見返している。堺雅人にハマりすぎや」
「夏クールで半沢直樹が大ヒットしてるわけだが、秋クールでたしかリーガルハイあるよね?堺さんやばいな」
「半沢直樹が終わったらリーガル・ハイだということで半沢直樹と古美門研介を見比べて同じ俳優さんに見えない。これが俳優というお仕事なのだと改めて堺さんを見てて思う」

このように、堺の勢いに多くのユーザーが圧倒されている。また、古沢良太による同作の"笑い"満載の脚本を知るユーザーからは、

「リーガルハイって時事ネタや他局のパロディもやるじゃん? 『やられなくても10倍返しぐらいするだろバァアアアアアアカ!』みたいなのを超超期待してる」
「半沢直樹がヒットしてるから、秋のリーガルハイには半沢直樹の台詞とかでてくるんだろうな。たとえば、倍返しだとか」

など、『半沢直樹』のパロディの要素が盛り込まれることを期待する声も投稿されている。10月から年末にかけて放送される『リーガル・ハイ』の第2シリーズ。2013年下半期、俳優では堺雅人の"ひとり勝ち"と言えるかもしれない。

<関連動画はこちら>

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング