56kgのペット豚を溺愛する前園真聖のTwitterが可愛すぎと話題! 「ありがブヒ」

AOLニュース / 2013年8月19日 17時55分

56kgのペット豚を溺愛する前園真聖のTwitterが可愛すぎと話題! 「ありがブヒ」

18日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、元サッカー選手で、現在サッカー解説者などで活躍する前園真聖(39)が出演し、体重56kgもある豚(セブンちゃん)を可愛がっていることを告白した。
画像:前園真聖オフィシャルブログより

「私、前園真聖はこれまで独身貴族を謳歌し 夜遊びを繰り返してきました しかし今はそれをパタリとやめ ペットのブタを溺愛しすぎている事を反省しています」

と反省文を読んだ前園は、"ゾノ"というニックネームで知られており、サッカー現役時代では96年、アトランタオリンピックで強豪ブラジルを破った「マイアミの奇跡」を演出するなど数々の注目を浴び、プライベートでも『夜のストライカー』として数多の女性から熱視線を浴び続けた、サッカー界のスーパースター。そんなゾノが今夢中になっているのが、何を隠そうペットの豚、セブンちゃんなのだ。
セブンちゃんがご飯を食べると「偉いね~セブンちゃん」、小便をしに風呂場に向かうと「オシッコがしたくなったら自分でおトイレ出来るんだよね?」とメロメロで、何をするにもベタ褒め。また、日課でセブンちゃんにマッサージをした後、一緒にお昼寝もするという溺愛ぶりも披露。「かわいいですか?」という有吉の質問に対しても、「かわいいですね~(収録中で離れているけど、)もう会いたい」「かわいいから食べさせちゃう」「甘やかしちゃう」とデレデレだ。

ちなみに4年前、ペットショップで購入した際のセブンちゃんは2kgで、ゾノは膝上に抱っこしたり一緒にドライブをしていたが、その後56kgまでぐんぐん成長。ゾノは、重くて抱き上げられなくなったセブンちゃんを再び抱き上げるべく現在筋トレに励んでいる、と、わかるようなわからなような、イマイチ謎な理由で身体を鍛えている事を明かした。

さらに「野生に戻って家の周りを走り回るときがあり、ちょっと怖い」と言いつつも、「サッカー時代の先輩ラモスさんからお誘いがあったらどうする?」という質問には「ブタが勝つ(優先する)」と、お世話になった先輩よりブタ、もといセブンちゃんが優先のようだ。

あまりの溺愛ぶりに周囲からは「女性にはもう行かないの?」と心配の声が上がるも「そんな事はない」との答え。とはいえ「結婚はしたいの?」という質問に「(したいけど)出会いがない。外に出て行かないといけない」と、セブンちゃんと過ごすあまり、女性との出会いが無くなった悩みも打ち明けている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング