【動画】ギャップ萌え! 海外サイトが選んだ可愛すぎる女性格闘家ランキング

AOLニュース / 2013年8月23日 12時44分

【動画】ギャップ萌え! 海外サイトが選んだ可愛すぎる女性格闘家ランキング


厳しいトレーニングによって鍛えられた超人たちが全力でぶつかり合う様子は快感だが、いまや格闘技界は男性のものだけではなくなり、多くの女性ファイターが多く活躍している。
ということで<Ranker>による、腕力と美貌を兼ね備えた女性ファイター・ランキングをざっと紹介しよう。ああ、思いっきり三角絞めされたい!






まず1位は、いまや本格派アクション女優として活躍するジーナ・カラーノ(『エージェント・マロリー』『ワイルド・スピード EURO MISSION』)。ムエタイ・べースの打撃を得意とする彼女は、某スポーツ誌上で「いま最もスポーツ界に影響力のある女性選手」と評されたこともある女子格闘技界のトップランナー。主演映画『エージェント~』ではマイケル・ファスベンダーやユアン・マクレガー、チャニング・テイタムら豪華俳優陣をフルボッコにするなど、まさに"美女で野獣"な存在感を見せつけた。

彼氏は大変そうですね
<関連動画はこちら>

続いては、"Karate Hottie"(というか格闘技界の黒ギャル)ことミシェル・ウォーターソン。アジア系の顔立ちだけに柔術や空手の打撃を得意とするとのことだが、イマイチ説得力に欠けるチャラさも魅力のひとつか。

たしかに欧米の方々にウケそうではある
<関連動画はこちら>

そして陽気なカリフォルニア・ガール、ロンダ・ラウジーが3位に。柔道がルーツの彼女は過去にいくつもの柔道選手権でメダルを獲得してきた、現UFC女子バンタム級チャンピオン。男性に引けを取らない恵まれた体格は迫力ありすぎ。

勝てる気がしない
<関連動画はこちら>

4位のジョーダン・マクドナルドは、モデル業もこなすプレーンな美貌の持ち主。体操競技から選手生活を開始したという彼女は弁護士を志したこともあったそうだが、ムエタイ~柔術を経て総合格闘技の世界へ。顔がかわいらしいだけに、ボッコボコにされている姿を見ると心が痛む選手ナンバーワン。

メイク映えするルックスはモデル向きか
<関連動画はこちら>

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング