トータス松本、地元兵庫で野外イベント開催! ウルフルケイスケが登場

AOLニュース / 2013年9月2日 19時30分

トータス松本、地元兵庫で野外イベント開催! ウルフルケイスケが登場


トータス松本が8月31日(土)、自身の地元である兵庫県・播磨中央公園で野外イベント「歌う!!トータス松本風速MAX」を開催し、約1万人のファンがその場に集結した。チケットは完売であった。

2010年より開催しているこのワンマン野外ライヴは、ウルフルズが活動休止を発表し、トータス松本のソロプロジェクトが始まってからスタートしたもので、トータス松本が夏に大きな催しをしたいと考えた時に、"生まれ育った故郷"を思い出したことをきっかけにスタート。以来、"故郷を元気にしたい" "地元の人々が更なる一歩を踏み出すきっかけになれば..."そんな想いのもとで毎年行われている。

第1回目は2010年8月に「歌う!!トータス松本伝説」として、2回目は2011年8月に「歌う!!トータス松本烈伝」、3回目は2012年8月に「歌う!!トータス松本烈風」として開催されており、4回目である今回は「歌う!!トータス松本風速MAX」と名付けられ行われた。これまで、"伝説"⇒"列伝"⇒"列風"...と一文字ずつ継いでタイトルをつけてきたが、今回の"風"を用いたワードは"風速"しか思いつかなかったのだとか。しかし"風速"だけだと歯切れが悪いということで、色々考えた末、スタッフからのアイデアで「風速MAX」というタイトルになったという。

イベント開催当日、台風上陸という予報でイベントの開催自体が心配されていた中、なんとか無事に開場できたのだが、安心したのも束の間、開場した途端に大雨が降り出してしまった。しかし、来場したファンがレインコートに身を包んでトータス松本の登場を待つ中、ライヴがスタートした途端に雨が止むという奇跡が。地元の播州織で作ったというシャツにタキシード風のジャケットを着用し登場したトータス松本は、毎年恒例となっている、彼の母校である黒田庄中学校の校歌でスタートを切り、同中学校の吹奏楽部の演奏で熱唱した。

続いて演奏されたアッパーなナンバー「明星」で一気にテンションのあがった会場には、先ほどの雨が嘘のように晴れ間が。その後も次々と惜しみなく楽曲が披露され、ウルフルズのナンバー「借金大王」「サムライソウル」で会場もどんどんヒートアップしていった。途中のMCでトータスは、「台風の影響を本当に心配していた」と語りつつ、「"風速MAX"というタイトルが悪かったんじゃないか?"晴天MAX"にした方が良かったんじゃないか?」と天候を心配した母親からメールがきていたことを明かし、会場を笑いで包んだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング