HR量産、新記録期待のバレンティン 勝負しない投手は許さない!「四球監視隊」登場

AOLニュース / 2013年9月3日 18時10分

HR量産、新記録期待のバレンティン 勝負しない投手は許さない!「四球監視隊」登場

ヤクルト・スワローズのウラディミール・バレンティンが素晴らしいペースでHRを量産し、9月1日終了時ですでに52本のHRを放っている。


現在のシーズンHR記録は、王貞治他の55本だが、過去には「王の記録を抜かせるな!」と、ローズ(近鉄)やカブレラ(西武)などに対し、醜い四球合戦が繰り広げられたのは記憶に新しいところ。果たして巷の野球ファンの本音は、王の記録を「抜いて欲しい」「抜いて欲しくない」のどちらなのだろうか?

今シーズンのセ・リーグのHR王争いは、まずDeNAのブランコが超ハイペースで先行したものの、バレンティンが猛追。7月はじめにブランコに追い付くと一気にペースを上げ、8月だけで月間HR記録となる17本のHRを放ち、一気に50本の大台を超えた。

上述のローズやカブレラは、数試合を残すのみで王の記録に並んだため、あえなく四球攻撃に涙を飲んだが、バレンティンはまだ28試合も残しており、敵チームが全打席で勝負を避けるのは非現実的。プレーオフが導入され、3位までがプレーオフに進める現状のルールでは"シーズンを捨てたチーム"など存在せず、バレンティンにとって記録を抜く条件は十二分に整っている。

新記録達成まであと4本となった現在、野球界の話題を一身に集めるバレンティンだが、2ちゃんねるを見ると、「王の記録を抜くな」という声は少なく、

「60本打って欲しいなぁ~」
「軽く記録更新と行きたいとこだね」

と、バレンティンに記録更新を期待する声が多い。また、ボチボチと四球が増え始めた状況については、

「王の記録を守って、イチローやマー様の記録が軽んじられる結果になる」
「ファンは四球じゃなくてHRを観に来てるんだよ」
「正々堂々と勝負しないと王さんが悪者になるのに」

と、否定派が圧倒的多数だが、バレンティンのあまりの好調ぶりに、

「俺が相手の監督だったら全打席敬遠するわ
そっちのほうが絶対勝てるからな」
「ベイス(ベイスターズのこと)投手陣がマトモに勝負に行ったら全部ホームランにされちまうわなw」

という声も登場している。

こうした状況ゆえ、バレンティンの四球の数がHR並に注目の対象となっており、ネット上には、

「金曜5打数2四球
土曜5打数2四球
日曜4打数2四球
3連戦14打数6四球」
「8/31 井納 翔一 2打数2四球
8/30 三嶋 一輝 2打数2四球
8/29 川上 憲伸 1打席目四球
8/29 岩瀬 仁紀 敬遠
8/28 浅尾 拓也 登板していきなり四球
8/27 中田 賢一 初回1打席目四球」

と、四球に着目した"四球監視隊"が次々と登場。四球はあくまでも戦術の一環だが、酷い四球攻撃をしたチームや選手は、間違いなくネット上で酷い批判に晒されることになりそうだ。

【参照リンク】
・バレンティンがHR56本以上打ちそうな件について-ログ速
http://www.logsoku.com/r/base/1378004062/ 

AOLニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング