ET-KING、ベストALリリース&全国ツアー終了後に活動休止を発表

AOLニュース / 2013年11月11日 16時55分

ET-KING、ベストALリリース&全国ツアー終了後に活動休止を発表

来年、結成15周年を迎えるET-KINGは、年明けにベストアルバムをリリース。その後に開催される全国ツアーの最終日である4月29日(火・祝)をもって"充電期間"に入ることを明らかにした。


活動休止した後も、これまでの経験と応援して下さっている方への感謝の念を忘れずに充実した期間を過ごしていくというET-KING。なお、ファンクラブの運営は継続し、メンバー個々の活動は積極的に行っていく予定とのことだ。
以下、メンバーからのコメントが届いている。

2014年に我々ET-KINGは、結成15周年、そしてメジャーデビューから8年を迎えます。思い返してみれば、お金では決して買えない経験と、沢山の喜怒哀楽を共有してくることができました。歌いつづけることで仲間が増えました。ライブで出会った全国の皆さんから「ET-KINGの曲に元気をもらった」、そう言ってもらえることで僕らは勇気をもらいました。皆さんのおかげで、いろんな新しい景色を見ることができました。僕たちがここまで歌ってこれたのは、応援して下さるたくさんの人達の支えがあったからこそです。皆さんの大切な時間、そして皆さんの人生の中に僕らの歌を置いていただけることをとても幸せに思います。2014年春。これまで15年間の感謝、そして皆さんとの歩みをつめこんだ、最強のライブをお届けしたいと思っております。全国ツアーを始めさせてください!『ET-KING結成15周年全国ツアー~おまえとおったらおもろいわ~』。今回のライブを、ET-KINGが新たにスタートするための節目にしようと思っています。

ET-KINGは2014年3月から始まる全国ツアーの最終日、4/29大阪フェスティバルホールの公演をもって "充電期間" に入ります。結成15周年を迎えるにあたり、今年の全国ツアー以降、メンバー全員でくり返し話し合いを進めてきました。自分達に、この先何が出来るのか?7人で作る音楽の意味とは何なのか?いま一度グループとしての活動を見直し、また一から新しいET-KINGというものを作り上げていく、そんな時間が必要だという意見に達しました。この『充電期間』をET-KINGというグループの『成長期間』と位置づけて、充実した時間にするためにもこのような決断をしました。"充電期間"中はET-KINGとしての公演・演奏・イベント出演を一切行わずに楽曲制作を行い、イトキンは生バンドとの演奏活動、TENN、センコウは他のアーティストへの楽曲提供も含めたプロデュース・ワークなど、メンバー7人それぞれが1アーティストとしてスキルを伸ばすための活動を行っていこうと思っております。これはET-KINGの活動を止めてしまうということではなく、今まで以上の"作品"、そして今まで以上の"ライブ"を作るための大切な時間だと考えているのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング