「ちょうどいい」どころかかなりよすぎ ジョン・レノン息子の彼女がかわいすぎて嫉妬の声

AOLニュース / 2013年11月13日 12時53分

「ちょうどいい」どころかかなりよすぎ ジョン・レノン息子の彼女がかわいすぎて嫉妬の声


日本では、ホンダ・フリードのCMで「This is 最高にちょうどいいHONDA」と甲高い声で発していた温和そうな外国人として知られるショーン・レノン。現在38歳で、両親はあのビートルズのジョン・レノンとその妻、オノ・ヨーコだが、そんなショーンの交際中の彼女が「かわいすぎる!」として話題になっている。


その彼女は、アメリカはアトランタ出身のモデル、シャーロット・ケンプ・ミュール。1987年生まれの26歳ということで、ショーンにとっては12歳も年下の若い彼女だ。そのルックスは、映画『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイを思わせる見事なもので、プルッとしたセクシーな唇は、「ちょうどいい」どころか「かなりよすぎ」である。

そんなシャーロットのルックスに、日本のネットユーザーも「マジで引くくらい可愛い」「俺が一番好きな顔立ちだ」「超美形だな」などと絶賛の声をコメントしているが、なかには、

「金目当てか?」
「ジョンレノンの息子という肩書がなければ絶対相手にされないだろ」

などと、"やっかみ"のような声を書き込むユーザーも見られる。

しかし2人は、"音楽"という共通の趣味、というよりアイデンティティーで深く内面からつながっているようだ。

ショーンとシャーロットは、それぞれの活動の傍ら、「The Ghost of a Saber Tooth Tiger」というデュエットバンドを組んでデビューしている。YouTubeには、そんな2人がレコードショップを回りながらお互いのオススメのCDやレコードを紹介するというオシャレ感満載の動画もアップされており、2人が普段そのようなデートを楽しんでいることが伺える。

<関連動画はこちら>

また、シャーロット個人のインタビュー動画では、彼女が音楽に世界に没入するようになったきっかけのひとつにショーンの存在が挙げられており、シャーロットは、「彼は私にスライ&ザ・ファミリー・ストーンやジェームズ・ブラウンを聴かせてくれたの」と嬉しそうに思い出を語っている。その表情からは、彼女がショーンのことを心から尊敬していることが十分すぎるほど伝わってくるだろう。

<関連動画はこちら>

「イケメン!」というわけでもないルックスのショーン。身長もシャーロットのほうが若干高いようだが、2人の仲睦まじい姿を見ていると、女性にとっての男性の魅力の比重は、やはり外見よりも内面により置かれているということが改めて認識できるといえそうだ。

【参照リンク】
・GOASTT (Sean Lennon & Charlotte Kemp Muhl) - What's In My Bag?
http://www.youtube.com/watch?v=z7yHVpYuLNY

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング