人気K-POPアーティストが日本のファンに課したLIVEのドレスコードが難解すぎ! 当惑するファン?

AOLニュース / 2013年11月12日 14時5分

人気K-POPアーティストが日本のファンに課したLIVEのドレスコードが難解すぎ! 当惑するファン?


元東方神起のメンバーで、現在は「JYJ」のメンバーとして活動するK-POPアーティスト・ジェジュンが、11月15日と16日の2日間、横浜スタジアムにてソロでコンサートを行う。


東方神起脱退後も日本国内に熱狂的なファンを多数持つジェジュンだが、今回彼がツイッターにおいて日本語で発表したコンサートの"ドレスコード"が、そんなファンたちを悩ませているようだ。

コンサートに"ドレスコード"がある、というのは少し珍しい話だが、高級レストランで設けられているような遵守しなければならないドレスコードではないだろう。おそらく、参加するファンたちに一体感をもって楽しんでもらうために知らせているものと思われるが、コンサートまで1週間を切った11月9日にジェジュンがツイートした今回のドレスコードは、以下のようなものだ。

「今回の日本横浜スタジアムLIVEでのドレスコードはSadist&Masochistです。 じゃあ15、16日に会いましょー^_^」

Sadist&Masochist、サディスト&マゾヒスト、つまり、"SMプレイ"のSMである。ともすれば、危うい方向に舵が向いてしまいそうなこのテーマ。しかしジェジュンは、「ちなみにー純粋な気持ちで考えてくださいねっ ドキドキ☆楽しみ」とこれまた日本語でツイートしており、過激な服装を求めているというわけではなさそうだ。

しかし、このS&Mというテーマは、当日コンサートに参戦するファンを悩ませているよう。ツイッターには、

「てか、今回のドレスコードむずかしいよwww」
「野外でSMのドレスコードって...」
「ジェジュン様からのドレスコードが難しすぎて、、ひたすらSMについて調べてる」

といった苦悩の声が多数並んでおり、

「私はドレスコードを無視った上でジェジュンに怒られるのを期待してるMで参戦する」
「ジェジュンには申し訳ないけど、ドレスコードはごめんなさいということで 寒さ対策を優先します」
「ジェジュン、みあん。本当に、ドレスコードより防寒取るから」

と、ドレスコードを無視することを宣言するファンも現れている。冬の訪れを感じさせる最近の気候では、そのように考えるファンがいるのも当然といえるだろう。

つい先日、都心各地はハロウィンの仮装をする人たちで大盛り上がりだったが、15日・16日、会場の横浜スタジアムがある関内駅周辺は、SMな仮装をしたジェジュンファンで異様な雰囲気になるかもしれない。

【参照リンク】
・kimjaejoongツイッター

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング