タリバン兵200人の攻撃から1人帰還した男、M・ウォールバーグ『ローン・サバイバー』特報!

AOLニュース / 2013年12月7日 9時55分

タリバン兵200人の攻撃から1人帰還した男、M・ウォールバーグ『ローン・サバイバー』特報!


マーク・ウォールバーグ主演、本年度アカデミー賞最有力候補と話題の戦争ドラマ『ローン・サバイバー』(3月21日公開)から、早くも特報が解禁となった。


本作は、実話をもとにし全米で大ベストセラーとなった「アフガン、たった一人の生還」を原作に、『キングダム/見えざる敵』『ハンコック』のピーター・バーグ監督がメガホンをとったリアルアクション・エンターテインメント超大作。

世界最強の精鋭部隊であるネイビー・シールズ創設以来、最大の惨事として記憶された2005年6月"レッド・ウィング作戦"(アル・カイーダの重要工作員を密かに暗殺するミッション)の想像を絶する真実を、極限の緊張感とリアルな戦闘アクションで描き出している。

<関連動画はこちら>

解禁となった特報では、この作戦に参加した男たち4人が極限状態の中、究極の選択を決断し、結果、命の危機にさらされていく姿が映し出され、わずか30秒という短い映像にも関わらず、緊迫する臨場感と迫力が伝わってくる。

作戦に参加した4人のシールズは、アフガンの山岳地帯での偵察任務中、ある「決断」により200人超のタリバン兵の攻撃にさらされることになる。それは世界一の戦闘能力を誇る隊員にとり、死を覚悟する絶望的な状況だった。しかし、一人の兵士がその極限状況を生き延び、奇跡の生還を果たす。タリバン兵200人に囲まれ、砲弾の雨、そして激しい銃撃の中、男はどうやって生還できたのか――。決断と覚悟の連続、そして真実の物語が今明らかになる。
(C)2013 Universal Pictures

『ローン・サバイバー』は2014年3月21日(金・祝)TOHOシネマズ 日本橋 他、全国ロードショー

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング