NBAの名物マスコットが選手に仕掛けるドッキリ動画が面白すぎて話題

AOLニュース / 2014年1月14日 15時48分

NBAの名物マスコットが選手に仕掛けるドッキリ動画が面白すぎて話題


米テキサス州ヒューストンに本拠地を置くNBAヒューストン・ロケッツ。その名物マスコット"クラッチ(Clutch)"が仕掛けたドッキリ動画が面白いとYouTubeで話題だ。


朝の9時。練習のため、選手たちが次々とコートにやって来る。それを見守るクラッチ(のバルーン)。いつもどおりの風景なのだろうか、クラッチをスルーする選手がほとんどだ。

しかし昼の12時30分。午前中の練習を終え、食事を取ろうとコートから出てくる選手たち。するとここでBGMがビースティ・ボーイズの名曲「Sabotage」に変わる。何かが起こりそうなイントロだ。そして冒頭のシャウトに合わせるかのように、絶叫が響き渡る...!

【動画】クラッチ「選手たちを驚かせてみました」
http://youtu.be/d7dqkZEfK6E
<関連動画はこちら>

「さすがバスケ選手!」というべきなのか、実に見事なリアクションを見せてくれる選手たち。勢いよく飛び跳ねる者がいれば、反射的にクラッチに一発お見舞いする者、結果的に電話の相手まで驚かせてしまった者まで、選手たちには申し訳ないが実に楽しい光景だ。

しかも、ほとんどの選手が爆笑してくれるノリの良さ。中にはコートを出るなり飛ぶように走る者がいたが、彼の場合はそれでダメージが軽減したかも。一方、1分16秒あたりでは「あぁん?(怒)」とばかりににらみを利かせる選手も。虫の居所が悪かったのかもしれない(BGMとのシンクロ具合も秀逸!)。

さらに、驚かされるとは夢にも思わず自らマスコットに近づいてハグ(おさわり?)する選手も。最後の男性は持っていたタブレットらしきものが宙を舞う結果となったが、「(こうなるって)わかってたんだよ!!」と爆笑。NBA選手たちのキャラと明るさが楽しいドッキリだ。

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング