虚構新聞もビックリ! ニュースサイトが釣られる「うそニュース」の世界

AOLニュース / 2014年1月16日 12時0分

虚構新聞もビックリ! ニュースサイトが釣られる「うそニュース」の世界


正月早々、フェイスブックやツイッターで話題になった記事があります。それは「カリフォルニアで巨大イカ 放射能の影響で巨大化か?」という米メディア発のニュース。結論からいうと、これは"うそニュース"でした。


配信元であるサイト名からして、「LightlyBraisedTurnip」(さっと煮込んだカブ)って怪しさ満点。ちょっと調べれば本当かどうかわかりそうなものですが、SNS経由でニュースをチェックすることが多い昨今、見出しのインパクトに"釣られて"しまう人が続出しました。

「放射能」をパロディのネタにするのは日本人として遺憾なところですが、実は海外ではこうした"うそニュースサイト"が文化として根付いており、ときには現実の報道機関さえ釣られてしまうことがあるのです。

その代表的メディアが「The Onion」。アメリカのニュースサイトで、ここ数年ブームとなった「虚構新聞」もビックリなほど切れ味鋭い"うそニュース"を日々配信しています。

海外ではかなりメジャーなサイト(公式アカウントのツイッターのフォロワー数は約560万人!)ですが、日本ではどうも知名度が低い。そこで今回は現実のメディアが釣られまくった「The Onion」の記事を中心に、世界の"うそニュース"を紹介しましょう。

※以下、元ネタはすべて"うそニュース"なので誤解なきよう!

***
【時代は】世界でもっともセクシーな男は金正恩と米メディア報道【総書記系男子】
2012年11月、中国の「人民日報」が報じたニュースがこちら。同紙は「米メディアが北朝鮮の金正恩氏を世界でもっともセクシーな男性」に選出したとしたうえで、「ハンサムな丸顔に少年のような魅力、そしてたくましい肉体をそなえた平壌生まれのスターは、すべての女性の夢」との理由を引用しています。

しかし、人民日報が伝えた"米メディア"とは「The Onion」。おそらく中国メディアはOnionがどういうサイトか知らなかったのでしょう。結果、ニューヨーク・タイムズから、「人民日報は一杯食わされた」と報じられてしまうことになりました。

【東スポ大勝利】アポロ11号の月面着陸はやっぱり捏造だった!
「The Onion」に釣られたのは中国メディアだけではありません。2009年、バングラデシュの新聞2紙が、「アポロ11号の船長だったアームストロング氏が『月面着陸は捏造だった』と告白した」と報じたのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング