「役人が浮気に賭博!」激怒の愛人が掲示板に書き込み、大スキャンダルに

AOLニュース / 2014年2月2日 0時32分

「役人が浮気に賭博!」激怒の愛人が掲示板に書き込み、大スキャンダルに


中国のネット掲示板に最近、「広東省の役人の男が愛人を囲い、賭博で大金を稼いでいる!」との書き込みがあり、大きな騒ぎになった。女性はこの「役人」の実名をあげ、性行為中の写真や男性がマージャンをしている写真を公開。「自分はこの役人の愛人だったが、ほかの女のことをめぐって殴られ、ムカつくので晒す」との内容だ。


この女性は自分の名前を明かさず、写真は自分の顔だけ見えないように加工。男性について「アイツが『妻とは離婚する』というので何年か前に付き合い始めたが、離婚するっていうのはウソだった。アイツは毎月2万元(約33万6000円)を生活費としてくれて、私は囲われた。役人のくせに賭博で200万元(約3360万円)以上の金を稼ぎ、その金で会社までつくった」と説明した。

あまりに分かりやすい情報に、この「役人」が勤めているとみられる広東省肇慶市の端州区が書き込みの内容について調査を開始。名指しされた男性は「書かれているようなことはしていない」と否定し、マージャン写真については「友達とよく打つが、大金は賭けていない」と釈明しているという。

元カレや元カノの行為に怒り、写真を晒すということはどこの国にでもあるだろうが、今回の騒動が中国で大きく騒がれたのには訳がある。

中国ではとにかく、役人は「汚職している」「愛人を囲っている」というイメージが強く、貧富格差の拡大に伴って憎悪の的となりやすい。

こうした不満をかわすべく、昨年3月に国のトップに就任した習近平国家主席は「汚職追放・質素倹約」の政策を進め、公務員が公費で高級レストランなどで飲食することも戒めた。そのせいで中国の高級レストランの売上高は大きく落ち込んだという。こうした政策が進められる中、今も役人の腐敗が横行していることは、当局にとっても一般市民にとっても糾弾すべきことなのだ。

中国のネット民たちはこの騒動をめぐり、「勇敢な女性。また1人、悪い役人が失脚した」「上が悪いから下も悪い」「暴露された情報は怪しいところも多いけど、腐敗が今もヒドイってことだな」といった批判の声を上げている。


【参照URL】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング