【女子必見】ロキ様ことトム・ヒドルストンが世界中から愛される理由

AOLニュース / 2014年2月5日 12時0分

【女子必見】ロキ様ことトム・ヒドルストンが世界中から愛される理由


日本では2月1日から全国で封切られた『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』。言わずと知れた、『マイティ・ソー』(11)の続編だが、『マイティ・ソー』と言えば主人公ソーよりも人気なのが、ソーの弟で(一応)悪役のロキだ。そしてそのロキを演じるトム・ヒドルストンもこの役で大ブレイクを果たしたのだが、いったいなぜトムは世界中からこんなにも愛されるようになったのか、その理由に勝手に迫ってみた。


ブレイクの理由のひとつに、もちろんトムが憎み切れないロキのキャラにぴったりはまっていたのもあるだろう。でもきっとそれよりも大きいのは、トムのいい人すぎる素顔ではないかと予想する。
ということで、世界中の女子のハートを鷲掴んで離さない、トムのかわいすぎる素顔例をいくつか挙げてみよう。

たとえばニューヨークで行われた『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のプレミアにサプライズでやってきて、ファンの子たちと椅子に座って写真を撮る気さくさ。

<関連動画はこちら>

レッドカーペットで寒空の中取材を受けていた時は、ノースリーブ姿の女性レポーターに「寒くないの?」と言って自分の上着をかけてあげる紳士ぶりも見せてくれた。

歌もうまい。
サイン会に来たファンの子が誕生日だと知ると即興でバースデーソングを歌ったり(周囲からは黄色い声なりやまず)、
<関連動画はこちら>

何かの番組の撮影中、車内で「スタンド・バイ・ミー」をご機嫌で歌いあげる動画はネット上でもかなり話題となった。
<関連動画はこちら>

カメラの前で"俺ダンス"を披露してくれるノリの良さもまた、彼の恰好つけない良い人ぶりが伝わってくる。

<関連動画はこちら>

ユニセフの活動で西アフリカの子供たちのもとを訪れたり、自分で書いたロキの絵を恵まれない子供たちをサポートする基金のためにオークションに出したりと、慈善活動にも熱心なトム。人気が出ようが仕事が忙しくなろうが、自分自身は決してブレないかんじが、彼の魅力でもある。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング