【ソチ五輪】マスコットに世界中が大騒ぎ 「悪夢のクマ」「怖すぎる」

AOLニュース / 2014年2月10日 22時55分

【ソチ五輪】マスコットに世界中が大騒ぎ 「悪夢のクマ」「怖すぎる」


2月7日からロシアのソチで開幕した2014年冬季オリンピック。プーチン大統領も貴賓席で満足げだった開会式の様子をリアルタイムで見守った人たちは世界中にも大勢いたと思われるが、そんな人々の度胆を抜いたのが、ソチオリンピックのマスコットだった。


一応人気投票で決まったというマスコットは、黒い斑点がキュートなユキヒョウ(The Leopard)、ホッキョクグマ(The Polar Bear)、そして野ウサギ(The Hare)の三種類。開会前からメディアなどに露出していたアニメやぬいぐるみはどれもかわいらしかったのだが、開会式で実寸大の着ぐるみが登場すると、瞬く間に「怖すぎる」とネット上が大混乱となる騒ぎに。

特に「怖い」という声が大きかったのがホッキョクグマ。海外ではさっそく「Nightmare Bear(悪夢のクマ)」とあだ名が付き、
「悪夢に出てきそう」
「獲り憑かれるだろコレ」
「ちょっとイッチャッてるよね・・・」
などツイッターにも次々と投稿が。





また日本でも
「サイレントヒルで出会いそう」
「ヌルヌル動くという言葉がピッタリ」
「全高8mワラタ」
「クマの上腕二頭筋がすごい」
「口が怖すぎて笑える」
と概ね「怖い」「キモイ」という意見が多かったようだ。

確かにちょっと見怖いかもしれないが、見ているうちに次第にハマっていくという人も。ロシアのゆるキャラといったところだろうか。


【参照リンク】
・The Sochi Mascot Known As "Nightmare Bear" Will Haunt Your Life
http://www.buzzfeed.com/bennyjohnson/the-internet-reacts-to-sochi-mascot-known-as-nightmare-bear 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング