【ソチ五輪】金メダルの羽生、世界規模で大人気 大きなお兄さんからも「カワイイ」の声

AOLニュース / 2014年2月17日 20時0分

【ソチ五輪】金メダルの羽生、世界規模で大人気 大きなお兄さんからも「カワイイ」の声


ソチ五輪のフィギュアスケート、男子シングルで見事金メダルを獲得した羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手(19歳)。日本では女性はもちろん、最近は男性からも「めっちゃカワイイ!」と大人気だが、海外でも彼に萌えまくる人が続出している。


米<ボストン・グローブ>紙では羽生選手のことを「1948年(のサンモリッツ五輪の男子フィギュアで)金メダルを手にしたディック・バトン(当時18歳)に続く最年少金メダリスト」と紹介。2011年の東日本大震災で自宅や地元のスケートリンクが大打撃を受けながらも復活を遂げた、と伝えている。

同じく米<マイアミ・ヘラルド>紙の記者もすっかり羽生選手の虜になってしまった様子だ。記事内で「さっそうとしたロミオ様」「アニメのヒーローのごとく氷上を飛んでいく」など愛情あふれる表現を使っており、「羽生はどこか違うし、特別なものを持っている」とのこと。

そんな羽生選手はもちろんネット上でも大人気。海外では彼の演技を収めた写真が、そして国内ではコラ職人たちが、我こそはと力作を次々とアップするという盛況ぶりだ。

海外では、大きなお兄さんからも「羽生くんカワイイ」の声が。「ユヅル・ハニュウって、名前からして超カワイイし」と、思わず口にしたくなるキャッチーな名前の響きにはじまり、「プーさんのティッシュ箱w」「マジかわいすぎオーマイガー」と、その"あざとい"とすら言われるキュートなキャラクターに、男女問わずメロメロの様子である。


さらに日本のコラ職人たちによって、女性向け恋愛ゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』風にパロディされたり、某アクションRPG風に召喚されたり、さらには『ヱヴァンゲリヲン』のプラグスーツを着せられたり(実際「実写版"シンジくん"じゃん!」なんて声も)と、好き勝手されている姿も微笑ましい。
  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング