【ソチ五輪】「おそロシアの妖精」リプニツカヤ様のドSキャラがネット上で大人気

AOLニュース / 2014年2月19日 22時30分

【ソチ五輪】「おそロシアの妖精」リプニツカヤ様のドSキャラがネット上で大人気


ソチ五輪女子フィギュア、開催国ロシアに金メダル(団体)をもたらした"妖精"ことユリア・リプニツカヤ選手(15歳)の、歯に衣着せぬ強烈なキャラクターにネット上で注目が集まっている。


まず公式練習の際に、報道陣から声をかけられたものの「ニエット!(※英語の「NO」)」とシャットアウト。そしてテレビ番組でも報道されたが、メディアの前を通過する際に放った「良い練習ができました。メディアが邪魔でしたけど」という発言! この一連の発言が拡散されたことにより、妖精のような容姿と裏腹なクールなキャラにネット上は一気にリプニツカヤ様・フィーバーへ突入。浅田真央のライバル選手にも関わらずファンが急増しているのだ。

さらに、そのフィーバーに追い打ちをかけるかのように、韓国メディアのインタビューに対し"そんな奴ぁ知らねえよ"と言わんばかりに「キム・ヨナの演技を見たことがない。最近出場した大会もすべてB級」と挑発発言。 しかも尊敬する選手として世界中で男女問わずフィーバー中の我らが羽生結弦クンの名前を挙げるなど、キム・ヨナを完全無視し、まさに無双状態なのである。

そんな、かわいらしいだけではない男前っぷりを見せてきたリプニツカヤ選手に対し、

「カッコ良過ぎw」
「さすがです!リプニツカヤ先輩!」
「プーチンのオーラをまとうおそロシアの子っ!」
「ロシアが極秘に養成したって感じがいい」
「これで内気な性格とかたまらん 結婚して欲しい 」
「これは金メダルとりますわ」
「一気に好きになった(笑)」

などなど、特に韓国の人々にとってはギリギリアウトと思われる今回の一連の発言や、まさに"おそロシア"を体現するかのような15歳の妖精の登場に、ネット上では早くも対決の火蓋が切って落とされた状態だ。

本日24時(日本時間)から始まるフィギュアスケート女子ショートプログラムでも、再び伝家の宝刀"キャンドル・スピン"を披露し金メダルをかっさらうのか? 日本×韓国×ロシア対決の結果がますます楽しみだ。

<関連動画はこちら>

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング