主婦の35%が収納に困り「思い出品」を捨てている! 収納に困るモノ1位は?

AOLニュース / 2014年2月26日 14時22分

主婦の35%が収納に困り「思い出品」を捨てている! 収納に困るモノ1位は?


ここに衝撃的な調査結果がある。なんと主婦の35%が、しまっておく場所がないがために、思い出の品を仕方なく処分しているというのだ。また現在の家の収納に不満があるという主婦は全体の半分にも及んでいる。


収納に関するこのアンケートは、第一子に未就学児童をもつ全国の25歳から39歳の女性1000人に聞いたものだ。
特に収納に困るものは、未就学児がいるせいか「おもちゃ・ゲーム」がダントツ1位。次いで、「自分の衣類・靴」となっている。また35%もの主婦が、「収納が足りないから思い出の品やコレクションを捨てた」と回答。収納スペースさえあれば、あんな頃やこんな頃の思い出の品も記念にとっておけたかもしれない。

そんな中、調査を実施したケイアイスター不動産では、たっぷりしまえてなおかつ使いやすい間取りを追及した「収納マジックの家」を提案している。収納スペースは、ただ片づける場所ではなく、飾ったりライブラリー化して魅せるスペースに。それでいてたっぷり収納できるので、空いたスペースで快適ライフ。また子供用に専用の収納スペースを用意すれば、片付け習慣やものを大事にする習慣をつけられる、とまさに一石二鳥な効果を発揮してくれる家となりそうだ。

【参照リンク】
・収納マジックの家
http://www.ki-group.jp/shunou-magic/kawagoe/matoba1/ 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング