『ドクターX』の舞台は意外なあの場所!?  群馬県がドラマロケ地によく使われる理由

AOLニュース / 2014年2月26日 17時0分

『ドクターX』の舞台は意外なあの場所!?  群馬県がドラマロケ地によく使われる理由


最近、地方の自治体が、町おこしも兼ねてロケ地を誘致する「フィルムコミッション」に力を入れている。昨年『仕事ハッケン伝』(NHK)でも特集された福岡県北九州市は、"国内では不可"と言われていた大規模なロケにも協力してくれるとあり、映画の撮影のメッカだ。


しかし映画と比べ予算、スケジュール的に厳しいドラマでは、九州まで遠征することは稀。そこでよく使われるのが北関東のフィルムコミッションだ。

特に最近よく使われるのが群馬県。1月クールのドラマでは『隠蔽捜査』(TBS系)の前線本部のある GINZA FOX ビルとして群馬県前橋市の銀座FOXビルなどが使用。『Dr.DMAT』(TBS系)の3話では柏木亮(中村俊介)が事故に遭ったシーンで同じく前橋市のビルが使用されている。

また、昨年、『半沢直樹』と共に話題をさらった『ドクターX2~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)でも群馬県内でロケが行われている。

群馬県県庁(前橋市)は、米倉涼子演じる大門未知子が働いていた「帝都医科大学附属病院」の外観として使われているほか、篠原涼子主演『黄金の豚 -会計検査庁 特別調査課-』(10年・日本テレビ系)の会計検査庁、松山ケンイチ主演『銭ゲバ』(09年・日本テレビ系)では三國造船丸の内新社屋として過去に使用されたことがあるので、見覚えのあった人もいたのでは?

前橋フィルムコミッションのサイトには、レトロな建物から近代的な建物まで幅広い協力地が掲載されている。都内から2時間程度の距離で様々な時代設定の撮影ができるのが、群馬県のロケが増えている理由だ。

ちなみに『ドクターX』の「帝都医科大学附属病院」の廊下として使用されたのは、東京海洋大学越中島キャンパスと東海大学付属八王子病院。県庁に行って「ドラマと廊下が違う!」とガッカリしないように。

【参照リンク】
・前橋フィルムコミッション
http://maebashi-fc.jp/ 
・群馬の観光情報
http://gtia.jp/search/detail.html?tid=2000011 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング