ワクワクを求めるビジネスパーソン必見! 品川に極上の会員制オフィス誕生

AOLニュース / 2014年3月5日 17時29分

ワクワクを求めるビジネスパーソン必見! 品川に極上の会員制オフィス誕生


人生の半分近くを仕事にささげ、社畜と揶揄されつつも、仕事が楽しくてしょうがないビジネスパーソンのみなさん! 「仕事場は人生のステージ」...ということで、やっぱりオフィス環境にもこだわりたいですよね。

3月10日(月)にオープンする東京・品川の会員制サテライトオフィスBusiness Airport Shinagawa(ビジネスエアポート品川)は、家具はすべてハーマンミラー製、シャワー室完備、そして業界初の音響システムを導入! ...などなど、"上質"へのこだわりがハンパないという。そんな噂を確認するため、オープンに先駆け取材してきたのでレポートしましょう。


ガジェットの進化とともに、フリーランスのみならず、サラリーマンも時間や場所に縛られない新しい働き方ができる時代。各所で続々とオープンしている、会員制のシェアオフィスやサテライトオフィスだが、今回オープンするBusiness Airport品川は、その"上質空間"っぷりがスゴい。

まず、そのローケーション。成田・羽田にもアクセス抜群、文字通り「東京の玄関口」でもある品川駅から徒歩3分。スカイウェイで直結の、太陽生命品川ビル28階。雨の日も雪の日も、濡れる心配がないというだけでストレスが軽減されるというもの。しかも東海道新幹線のホームまで10数分で行けちゃうなんて、各地を飛び回る出張族のみなさんの東京拠点、地方企業のサテライトオフィスとして最強の立地ではないでしょうか?

そんな立地特性に合わせ、Business Ariportの2号店となる品川では、個室オフィスを月々定額で貸し出す「サービスオフィス会員」プランも充実。様々な用途に対応した1名~6名までの個室オフィスを66室も用意しているというから驚きです。

さらに、全てのサービスオフィスに<ハーマンミラー>社製の家具を設置。目にやさしく、効率化にもつながるフローモニターアームを採用しています。オフィスと廊下は擦りガラスで仕切られているので、各個室は明るく開放感もたっぷり。28階ということで、窓に面した個室は眺望も抜群。とりわけ電車が行き交う品川駅側の個室は、鉄ヲタ属性のワーカーにとってもたまらない眺めのはず。


さて、出張からの帰社、または真夏の営業外回りの後に「今すぐシャワーを浴びたい!」なんて思ったことはありませんか? ここにはシャワールームがあるので、爽快ボディで作業効率もUP!


さらにさらに、プロによる定期的なルームクリーニング、郵便物の受取・発送代行など、会員制オフィスならではのメリットが盛りだくさん。受付では、気配りの行き届いたコンシェルジュが、「いってらっしゃいませ。おかえりなさいませ」のおもてなし。ゲストの来客対応はもちろん、不在時の電話対応など、充実のサービスを提供してくれるんです。

個人のノマドワーキングに最適な、フリーアドレスのシェアワークプレイス会員は、フルタイム会員で月額2万円。しかも上質へのこだわりは、空港のラウンジをイメージしたフリーアドレスゾーン(共有ゾーン)にも満載。業界初の音響システム"Koone(クーネ)"を導入しており、超高音質な川のせせらぎや海の波音は、高いリラックス効果、コミュニケーションの促進、創造性の向上が期待できるとか。

売れっ子ブックコーディネーター、BACHの幅允孝によるライブラリーも充実。雑誌・専門書籍から、動物の写真集などほっこり系書籍まで、幅広いラインナップに知的好奇心も刺激されまくり。イームズのラウンジチェア、ふかふかのソファなど、クオリティの高いインテリアとともに、至福のひとときをどうぞ。


上質な空間づくりを追求するには、もちろん理由がある。運営する東急不動産株式会社によれば、Business Airportは単なる「場所貸し」ではなく、ビジネスパーソン同士が協力し合うことで新しい価値を生み出す「共創コミュニティー」の場となることを目指しているという。

シェアオフィスや会員制オフィスといえば、ノマドワーカーやクリエイティブ業種の利用者が多いイメージもあるが、間もなく開業1周年を迎える青山店では、当初の想定以上に、多彩なニーズがあり、営業マンのサテライトオフィス、士業事務所、起業のスタートアップ拠点、数社をまたいだプロジェクトの本部室などとして利用されているそう。様々な会員同士の交流も盛り上がっており、セミナーを定期的に開催するなど好評を博してきた。

ワークもリラクゼーションもできて、ワクワク感いっぱいの会員制オフィス。品川と青山、両店が利用できる共通会員制度も用意されているので、より機動性を高めることも可能だ。利用料、内覧予約など、詳細は公式サイトおよびFacebookページにて。

【参照リンク】
・Business Airport Shinagawa
http://business-airport.net/shinagawa/lp/ 
・Business Airport Aoyama
http://business-airport.net/ 
・Business Airport Official Facebook Page
https://www.facebook.com/BusinessAirport 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング