【閲覧グロ注意】「ジャッカス」J・ノックスビルがあの「お下劣イタズラ」秘話を語る

AOLニュース / 2014年3月31日 18時0分

【閲覧グロ注意】「ジャッカス」J・ノックスビルがあの「お下劣イタズラ」秘話を語る


この春、国民的必見作として名高い『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』。そのジョニー・ノックスヴィル兄貴にAOLニュース編集部が突撃! そのインタビュー【前編】では、"jackass"シリーズで定番イタズラのウンコないしクソについての想いを聞く。


先日開催の「AOLニュース編集部 世界最速独占試写会」でも大好評! "jackass"シリーズは日本のボンクラどもの心の琴線にも触れるようで、日本でも大ヒットしている。その大人気の秘密は8歳児レベルの徹底したイタズラで、たとえばウンコを使って善良な市民をダマすなど、ガチガチの常識人間には耐えがたいオゲレツなサプライズが病的に楽しい。「ウンコだって?」とトボケるジョニー兄貴だが、「厳密に言うと......壁にぶっ飛ばすアレかな?」って、知らないわけないでしょ!
「アレは――何でできたヤツかはわからないが、周囲の客に本物のクソだと思っていただけるように、ウンコのアロマを作ってまぶしたよ。だから、マジで臭いよ(笑)」と衝撃発言! これ本当の店での事件。最近の日本じゃバイトテロなどといって話題になったけれど、バカッターの理解も越えたイタズラですわな。


「『ジャッカス3D』(11)にも似たような発想があったけれど、あの時は前日に思いついたよ。クソを発射する装置をね」とウンコへの愛着を明かすジョニー。しかし一方で、以下の理由で『ジャッカス3D』(11)のクソ演出は失敗だったと反省する。「前は一晩で急いで作った装置だったので、人が通った瞬間にバックソを飛ばすためにポケットの紐を引っ張る必要があった。おまけにチョコレートプリンだったかな? だからパフォーマンスも匂いも全然ダメで、あれは失敗だった」。その反省をいかして改善を今回試みた。だから強烈だ。

しかし、期待は、本家シリーズの第4弾「ジャッカス/jackass4」だ。これまでにも自爆系・実験系でウンコを使ったことはあるものの、いよいよ本物のウンコを使って他人に対するドッキリを仕掛ける時は来た気がするが......!? 「いや、メンバーのデイヴ・イングランドがクソの専門家だからね。それ以外の人がやると、ヤツが怒ってしまうよ(笑)」と仲間の仕事は奪わない。これこそが、ジョニー・ノックスヴィルが理想の上司ナンバーワン(AOLニュース編集部調べ)に輝く理由だよな!
話戻して『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』を何度も観て本家シリーズの第4弾の製作が無事に始まるように、ここは全員で協力しようぜ!

インタビュー後編につづく!

『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』は大ヒット公開中

【参照リンク】
・『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』公式サイト
http://www.jackassmovie.jp/ 
・『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』特集サイト
http://news.aol.jp/special/jackassmovie/ 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング