前田敦子、初ワンマンライブで号泣!「今日は甘えちゃいます」

AOLニュース / 2014年4月4日 19時55分

前田敦子、初ワンマンライブで号泣!「今日は甘えちゃいます」

前田敦子が、自身初のワンマンライブとなる「前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】」を4月3日(木)、東京・Zepp Tokyoで開催した。


3月にリリースされた4thシングル「セブンスコード」を引っさげて行われたこの日のライブ。あいにくの雨にも関わらず、前田敦子のソロとしてのファーストライブということで、心待ちにしてきた総勢2700人ものファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれていた。

ステージの幕が開き、前田が姿を見せると観客のテンションは急上昇。登場と共に「独り占め」「タイムマシンなんていらない」を歌った後、「今日は楽しんでください」と挨拶した前田へ向け、大きな声援が惜しみなく贈られていた。「ライブ自体、とても久しぶりなのでちゃんと歌わなきゃ」と意気込むも、「右肩」の歌唱中では、何度も言葉をつまらせ涙を拭く様子が見られた前田。"いつもそばにいてくれる"という歌詞の内容に「曲とファンの皆さんがマッチしちゃって全然歌えなかった」と語っており、ファンとの再会に感動を隠せずにはいられなかったようだ。

「(ソロになって)1人で頑張ってると皆さんの顔が見えないんですよ。だからこういう時は嬉しい。私強がりなんでそういうこと言わないんですけど、今日は甘えちゃいます」と語る前田。久しぶりのライブを彼女自身が本当に楽しんでいる様子伝わってくるようだ。また、曲の合間に「セブンスコード」の発売時期を間違え、会場の笑いを誘う一幕などもあり、ライブは終始温かな空気に包まれていた。

この日のステージで演奏されたのは、ソロデビュー曲「Flower」や「タイムマシンはいらない」「君は僕だ」などの計18曲。生バンドを引き連れ、王道ポップスから、後半では「少し大人な曲も披露します」と言って歌唱したジャジーな「ズブロッカとハーフムーン」、そして今回のメインでありロックテイストあふれる新曲「セブンスコード」など、バリエーション豊かな数々の楽曲を披露した。

このライブの模様は、5月18日(日)にBSスカパー!で放送されることが決定している。さらに、7月7日(月)~8月3日(日)に行われる蜷川幸雄演出による舞台『太陽2068』にも出演する前田だが、「舞台が終わったら、またライブをやりたいですね」と早くも次のライブに対する意欲を見せているようだ。彼女のさらなる活躍に期待したい。

【参照リンク】
・前田敦子 オフィシャル・サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング