野性爆弾・川島監督お蔵入りショートムービー「ともだち」公開 衝撃内容が芸人の間で話題

AOLニュース / 2014年4月7日 12時54分

野性爆弾・川島監督お蔵入りショートムービー「ともだち」公開 衝撃内容が芸人の間で話題


諸般の事情でお蔵入りとなっていた、野性爆弾・川島邦裕が監督したショートムービー『ともだち』が、4月4日にYouTubeで公開された。


『ともだち』は、友達を作りたいと思った川島が、レストランでバイトを始め、カリスマ的なアルバイター・堂土(ルート33・堂土貴)や職場のヒロイン・田中(田中絵里花)に出会うという6分40秒の作品。執拗に繰り返される「堂土アピール」、突如挿入される謎の曲、衝撃のラスト...などなど、野性爆弾川島の独特な個性が、これでもかと詰め込まれたショートムービーとなっている。

もともとは、某アルバイト情報サイトの企画として制作されたこの作品。「アルバイト」をテーマに複数の吉本芸人がショートムービーを監督したが、川島による『ともだち』は、お蔵入りになってしまったという。

吉本興業の動画サイト「デイリーよしもと」では、『ともだち』がお蔵入りになった理由を説明する動画が公開。吉本の担当者によると、お蔵入りにった理由は、「良い言い方をすれば、アーティスティックすぎて伝わらない。悪い言い方をすれば、求めているものではなかった」とのこと。それを聞いた川島は「"求めているものではなかった"がデカイんちゃうん?」と笑い飛ばしていたが、かなり手間がかかった作品ということもあり、YouTubeで公開されることについて喜んでいる様子だった。

そんな川島はツイッターで動画公開を告知。なだぎ武、オリエンタルラジオ・中田敦彦、ベッキーといった芸人仲間や共演者もリツイートをして告知に協力している。

YouTubeのコメント欄では、

「すヴァらしい作品です!」
「あらやだ堂土さんかっこいい...」
「川島さんの世界観素敵すぎ!」
「そら時代がついてこれないわww」

といった感想が寄せられている。独特な川島ワールドが大好評のようだ。

<関連動画はこちら>

【参照リンク】
・「ともだち」野性爆弾川島監督 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=_-5ZiF3MenY
・放送中止!没ネタの理由を聞かされた川島は!? - デイリーよしもと

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング