トイレを監視?新宿ピカデリーの劇場マナー広告が「意味不明すぎる」と話題

AOLニュース / 2014年4月11日 10時0分

トイレを監視?新宿ピカデリーの劇場マナー広告が「意味不明すぎる」と話題


若手美少女女優リリー・コリンズ主演のアクションアドベンチャー映画『シャドウハンター』。いよいよ19日からの公開を前に、「シャドウハンター達がトイレの美化に目覚めたらしい!」という、よくわからない情報が入ってきた。


そもそも"シャドウハンター"とは何かというと、妖魔と闘う宿命を背負った一族のこと。
リリーちゃん演じるヒロイン・クラリーは、ある事件をきっかけに、自分がシャドウハンターの末裔であることを知り、さらわれた母を助け、伝説の聖杯を守るため、吸血鬼や人狼らと共に妖魔との戦いに突入していく――というのが映画の大まかなストーリーだ。
そしてその"シャドウハンター"たちがトイレの美化を守るため、ひそかに3月21日から、上映メイン館である新宿ピカデリーのトイレに集結していた......というのが今回入ってきた情報である。

既に集結しているようなので現地の状況を確認してみると、映画劇中写真が個室トイレの各扉や、男性用のトイレに飾られ、吹き出しには

「トイレの美化は俺たちが守る!」
「トイレに落書き禁止!」

などシャドウハンターたちからトイレマナーを呼びかける暑苦しいほどのコメントが。
また、クラリーと恋に落ちるシャドウハンターのジェイス(ジェイミー・キャンベル・バウアー)による、

「トイレを綺麗に使ったご褒美よ。」
「キミのおかげだよ」

と甘~い雰囲気漂うものや、

「ズボンの履き忘れ注意!」
「大きい方は個室でしよう」

などシリアスなシーンなのにクスっと笑えるもの。さらには、現在上映中の『ホビット 竜に奪われた王国』のイケメンドワーフ=キーリ役の姿まであるそうなので、全写真を確かめてみるのも面白いかもしれない。(※女性は間違っても男性用トイレには入れないのでご注意を)



シャドウハンターは人間には見えないので、もしかすると本当にトイレでマナーを監視している可能性も......? トイレだからといって気は抜けない!

『シャドウハンター』は4月19日(土)より 新宿ピカデリー他全国ロードショー

【参照リンク】
・『シャドウハンター』公式サイト
http://www.shadowhunter.jp/ 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング