【動画】世界一かわいいマキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」 5歳の少女が大人気

AOLニュース / 2014年4月22日 22時51分

【動画】世界一かわいいマキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」 5歳の少女が大人気


ヘヴィメタル・バンドなどのライヴで、観客がメロイックサイン(人差し指と小指を立てるハンドサイン)を掲げながら、頭を激しく上下に振っているのを見たことがあるだろう。いわゆるヘッドバンギング(通称ヘドバン)と呼ばれる動作だが、いまネット上では"世界一かわいいヘドバン"動画が人気を集めている。


車の後部座席に座っている5歳の少女。カーステから流れる可愛らしいメロディに合わせて歌う姿が実に可愛らしい。この時点では誰の歌なのか分からないが、歌詞を完璧に覚えているようなので相当お気に入りの曲なのだろう。

これだけなら単なる親バカ動画だが、0:40のちょっと手前あたりで様子が激変。さっきまでの"ゆるふわ"な展開から、いきなり凄まじいデス・ヴォイスに切り替わるのだ。すると、この少女も"待ってました!"とばかりに満面の笑顔でヘッドバンギングを披露。ゴリッゴリのハードな楽曲と、可愛らしい少女とのギャップが凄まじい。

https://www.youtube.com/watch?v=NIyqBZr_6wM
<関連動画はこちら>

実はこの曲、日本が誇るミクスチャー・ハードコアバンド、マキシマム ザ ホルモンの「予襲復讐」。ナヲ(ドラムと女声と姉)によるキュートな導入から、マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)の怒りの咆哮へとスイッチする瞬間が鳥肌モノのナンバーだ。

マキシマム ザ ホルモンは世界的に人気が高いため、フランスに熱狂的なファンがいてもなんら不思議はない。しかし、5歳の少女が完璧に歌えてしまうというのは親の教育の賜物というか、将来有望というか...。実際ネット上でも、

「超かわいい!」
「これが正しい子育てってものだよ」
「私の孫の将来を見るようだ」
「いい趣味してるね!」

と海外ユーザーたちが大絶賛している。

Facebookのファンページからアッという間に拡散された、このハードかわいいヘドバン動画。マキシマム ザ ホルモンの楽曲同様、世界に通用する"燃え(&萌え)"クオリティと言えるだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=beN5ep5MrdY
<関連動画はこちら>

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング