リアム・ギャラガーの意味深ツイートでネット上が大騒ぎ、憶測が飛び交う

AOLニュース / 2014年4月28日 12時35分

リアム・ギャラガーの意味深ツイートでネット上が大騒ぎ、憶測が飛び交う


2009年の解散以来、幾度となく噂に上がってきたオアシス再結成の噂。ご存知のとおりその全てが期待はずれに終わったわけだが、先日ヴォーカリストのリアム・ギャラガーがTwitterにある"意味深ツイート"を投稿したことにより、ネット上で再び盛り上がりを見せている。


リアムのオフィシャルアカウントが、ファンならば勘ぐり必至の投稿をしたのは今月25日のこと。約30分おきに「O」「A」「S」「I」「S」と1文字ずつ、そして最後に「OASIS LG」とツイートしたのだ(LGはおそらく自身のイニシャル)。












これを受け、OASIS復活には半ば諦めムードだったネット上も再び大盛り上がり。まず出たのが「(英国の巨大フェス)グラストンベリーで一夜だけの再結成では?」というものだが、こちらに関しては主催者のエミリー・イーヴィスがファンからの質問に答える形で公式に否定した。


ファンの間では他にも、「(リアムが現在率いている)Beady EyeがグラストンベリーでOASIS曲オンリーのライブやるってオチ?」「20周年のリイシュー記念に1stアルバム再現ライブやるとか?」なんて噂も飛び交っているが、元OASISメンバーのポール"ボーンヘッド"アーサーズがリアムと一緒に飲んだ様子を同日に投稿しており、「単に懐かしかっただけでは...?」と悲観的な予想も出ている。


一方で、今年に入ってリアム&ノエルのギャラガー兄弟による確執が"ついに氷解した"というニュースが報じられているのも事実。どうやら、故郷であるアイルランドで行われた親戚の結婚式に兄弟揃って出席したことが噂の発端らしく、そこで母親に「あんたたち仲良くしなさいよ」と言われたことをきっかけに仲直りし、なんと2人でバーを経営する計画まで進んでいるようなのだが...。

リアムは、今月はじめに離婚が成立した元妻への慰謝料が1000万ポンド(約17億円)とも噂されている。たしかに現金収入が必要な状況ではあるが、そんな理由でOASISを再結成するのだとしたら兄のノエルが許さないだろう。果たしてファンの願いが届く日は来るのだろうか?

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング