「夏の風物詩」を使ったガチャピン&ムックの彫刻が話題に

AOLニュース / 2014年7月15日 14時10分

「夏の風物詩」を使ったガチャピン&ムックの彫刻が話題に


世の中には実に手の込んだものをつくる人もいるようで、そうした人々がネット上で発表した作品は、これまでも大きな反響を呼び続けているが、今回ご紹介するのは、ある"夏の風物詩"を器用に加工したユーザーの例。


画像をご覧頂ければわかるように、このユーザーが作ったのは、スイカを使ったガチャピンとムックの彫刻。皮の部分で緑のガチャピンを、実の部分で赤いムックを絶妙に表現している。そのため、ネット上のユーザーからは「真似したい!...でもさすがに難しそう。。。」「次回は何をつくるのか楽しみ!」といった称賛と感嘆の声が。

投稿者曰く「いろいろと作ってはみたいですが、そうそうスイカばかり買っていられないので(^_^;)」とのことだが、これほどまでに絶妙な作品をつくるユーザーはそういないだけに、やはり同氏の次回作に期待したいところだ。

文・葛西敦規

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング