映画『フューリー』に隠された「戦争映画史上最も短いラブストーリー」

AOLニュース / 2014年11月5日 12時0分

映画『フューリー』に隠された「戦争映画史上最も短いラブストーリー」


ブラッド・ピット最新作にして全米No1ヒットとなっている戦争アクション超大作『フューリー』。男気骨太な映画であるのはもちろんなのだが、実はこの作品には、戦争映画史上最も短いラブストーリーが隠されていた。


このあまりに切ないラブストーリーに絡んでくるのは、新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)と、北ドイツの小さな町で暮らすエマ。彼女は戦場での、ほんのひと時の安らぎの時間をノーマンに与える存在となる。

北ドイツの村を制圧したウォーダディー(ブラッド・ピット)率いる戦車小隊。ウォーダディーに連れられたノーマンは、踏み込んだアパートの一室で、逃げ遅れた未亡人とその従妹エマを見つける。ウォーダディーは怯える二人を気遣い、料理を作ってくれるよう、卵と、お礼の煙草を差し出す。ノーマンは言葉の通じない同年代のエマに、祖母から教わった手相で彼女の将来を占う。「きっと君は素敵な人に出会うはずだ」と囁く彼に、微笑むエマ――。


エマを演じているのは、ドイツが誇る若手女優アリシア・フォン・リットベルク(21歳)。先日行われた第58回ロンドン国際映画祭クロージングイベントでの『フューリー』ワールドプレミア上映時には、主演のブラピらと共に胸の谷間もあらわなセクシードレスでレッドカーペットに登場し、会場中の視線を一身に浴びていたとか。ハリウッド映画は本作が初出演、これをきっかけにさらなる活躍が期待される美女だ。


戦争映画史上最も短い恋の行方は、果たしていったいどんな結末を迎えるのか――。

映画『フューリー』は、11月28日(金) TOHOシネマズ日劇他全国超拡大ロードショー

■参照リンク
『フューリー』公式サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング