年末調整「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」が長すぎて記入できないと悲鳴

AOLニュース / 2014年11月14日 17時0分

年末調整「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」が長すぎて記入できないと悲鳴


年末調整の季節がやって来て「今年もあと僅か」と感じる時期になりました。今年払った保険契約の控除の記入の際に、多くの人が気付いたことがあるそうで...。

「『損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社』が長すぎて書けねぇだろ」と、多くの人が、次々とこの事案に関しての悲鳴をネット上であげ、話題となっています。


損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、2014年、損害保険ジャパン日本興亜の発足に伴い商号変更。合併に告ぐ合併で古い屋号をドッキングさせた結果このような名称になってしまったのは何となく判りますが、年末調整の書類記入で多くの加入者から、
「年末調整ほんまに欄が狭いのなんとかしてくれよーん...」
「『損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」』、異常天候早期警戒情報より長いw」
など苦情が多数。当然ながら、この長ったらしい名称へメスが入ります。

「あの小さい枠に名前が書けないことより、「ジャパン」と「日本」が同居する会社名にツッコミを入れたいです。」

いや本当そうですよね...。もっと言うと、損保と生命保険も保険の種類なのでマージできないものかと思いますし...。

手書きであれば「頑張って細かい字で記入する」「いっそのこと想定内なのではみ出して書く」など色々方法はありますし、「長ったらしくて書くのに手がだるい」と言うことでしたら、「テニスの錦織選手はもっと手首が痛いのに頑張ってるじゃないか!」と言いたいところですが、実際笑えない実害も発生しています。

「年末調整をwebで申請することになって、ポチポチしてたら、保険の控除申請で会社名を入れたら『10文字以内で入力してください』と赤字でエラー。
会社名:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(22文字)」

「変換しても『損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険』で18字。税務系ソフト会社はこんな長い名前を入力するよな想定でソフトを作っていない。」

そこで提案なんですが、もう「ひまわり生命」でいいんじゃないかと。郵貯の簡易保険は「簡保」だし、いっそ他にこんな名称無いんだから「ひまわり」で行けないものかと。行政もフルネーム杓子定規で無くフレキシブルな対応お願いします。

あと、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社の方は、来年までに略称を考えて欲しいものです。

■参照リンク
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング