ブラジル・リオ五輪のマスコットが発表、「ゆるキャラ」っぽいと話題

AOLニュース / 2014年11月26日 11時20分

ブラジル・リオ五輪のマスコットが発表、「ゆるキャラ」っぽいと話題


2016年に開催されるブラジル・リオデジャネイロ夏季五輪の公式キャラクターが発表された。


猫、猿、鳥をミックスしたイメージだというこのマスコット、まだ名前は決定していないがブラジル文化の多様性を取り入れたもので、一方のパラリンピックのキャラも植物をモチーフにしたコミカルなもの。

とかく海外のマスコットといえばロシアのソチ五輪のクマや、先日発表されたサッカー欧州選手権のマスコットの少年などリアルを追及したために「怖い」といわれる中で、アニメやゲームのキャラクターなどを参考にした、若干日本人のセンスにも近いゆるキャラは軒並み好評のようだが、イベントを盛り上げようと若年層の関心を引くためにこのようなデザインにしたとのこと。

【動画】http://youtu.be/mmGuf-qWmoA
<関連動画はこちら>

このマスコットキャラの名前は、オバ、チバトゥキ、ビニシウスと3つの候補があり、パラリンピックのマスコットはエバ、エスキンジン、トムからそれぞれ投票で選出するという。

■参照リンク

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング