日産が公開した「未来のレーシングカー」がサイバーすぎてカッコいいと話題に

AOLニュース / 2014年11月27日 18時0分

日産が公開した「未来のレーシングカー」がサイバーすぎてカッコいいと話題に


日産がLAモーターショーのデザインチャレンジで公開したコンセプトデザイン、インフィニティSynaptiqが大きな話題となっている。


「2029年に車はどう人と繋がるか?」というテーマに日産のサンディエゴのデザインチームが出した回答は、3つの異なるレース仕様に対応、サーキットのフォーミュラカー、ラリー/ジムカーナ仕様、そして空も飛べるジェットに対応したトライアスロン風レースへ対応できるというもの。

またドライバーが神経や肉体と連結されたセンサーを搭載しているなどかなりサイバーな仕様で、ロサンゼルスからラスヴェガスまでの道をARC(Air, Race, Circuit)で競うという架空のエクストリームスポーツまで描いている辺り、かなり創造力豊かなコンセプトとなっている。

車体自体は今のF1マシンなどのフォーミュラカーの進化系のようにも見えるが、80年代のブラバムのF1ターボマシン風のシルエット、もしくはミニ四駆を彷彿とさせる。

■参照リンク
・http://www.foxnews.com/leisure/2014/11/26/infiniti-synaptiq-wearable-racecar-control-with-your-mind/

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング