「恋人の聖地」が二股疑惑!?一目見たいカップルで大賑わい

AOLニュース / 2014年11月29日 12時0分

「恋人の聖地」が二股疑惑!?一目見たいカップルで大賑わい


日本全国には、いわゆる「恋人たちの聖地」と目されるスポットが数多く存在しているが、そうした中、最近、熊本県にあるスポットが、「ある理由」から、にわかに注目を集めている。


これは熊本県三里町に架かる、約190年前に設置された古い橋で、アーチ状に組まれた美しいその形状と、川面に移るそのシルエットがハート型を形づくるという、珍しいスポット。今を遡ること約3年前には、静岡県のNPO法人が「恋人の聖地」に認定するなど、徐々にその知名度を全国に広げつつある「聖地 」だ。

しかし、問題なのがこの橋の名前である「二俣橋」という言葉の響き。「二俣」=「フタマタ」=「二股」というイメージから、「ハートだけどフタマタ」「フタマタなのに聖地」と、この地を訪れたカップルたちからも、思わず苦笑いがこぼれる。

とはいえ、この二俣橋、愛する人と一緒に、このハートマークをひとめ見たいと訪れるカップルで連日大賑わい。橋と影が織り成すハートマークが見れるのは、来年2月頃までだと、晴れた日の正午頃に、わずか30分程度の短い時間限定とのことなので、気になるという人は、一度訪れてみては如何だろ うか。

文・山田浩一

■参照リンク

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング